ゆず湯は冬至!作り方と効能で健康体が確実に?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 46 秒です。

冬至にはゆず湯に入ることで、風邪を引きにくくなると言われていることはご存知でしょうか。

なぜ冬至にゆず湯なのかと思う人もいらっしゃるかもしれませんが、江戸時代の銭湯ができた時からゆず湯に入る習慣があります。

ゆず湯には風邪予防の他にも健康に良い効能がありますが、その他にも女性には嬉しい効能がありダイエットにも効果があります。

そんなゆず湯は自宅で簡単に作ることができますが、作り方が分からない人もいますのでゆず湯の作り方と効能や冬至について説明していきます。

よって健康を気にしている人は、是非冬至にゆず湯を試してみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

なぜゆず湯は冬至なの?

冬至とは1年の中で1番昼が短く、夜が長くなっている日のことです。

その冬至にゆず湯に入ることで風邪の予防をし、リラックスをすることが風習になっています。

また冬至は運気を呼び込むため身体を清める意味も込めて、厄払いするための禊になります。

しかし、ゆずに含まれるリモネンによって肌がピリピリとする場合があります。

ゆず湯で肌がピリピリする場合には、カットしたゆずをガーゼで包むなど少し工夫することで改善することができます。

また皮膚が弱い人はお風呂でゆずを使用する前に、熱湯で沸騰することがおすすめです。

【スポンサードリンク】

ゆず湯の作り方が知りたい!

冬至や寒い冬を健康的に過ごすためにゆず湯をしようと思っても作り方が分からないとできませんよね。

簡単なゆず湯の作り方をご紹介しますので、是非以下の作り方で試してみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

作り方1・ゆずをそのまま浮かべる

ゆずをそのまま湯船に浮かべるだけで、簡単にゆず湯を作ることができます。

しかしゆず1~2個では、ゆずの香りもあまりしないため数が必要になります。

作り方2・ゆずをカットして浮かべる

カットしてゆずを使用することで、香りも良くゆずの成分が出てくるのでおすすめです。

カットしたまま浮かべる場合は、ゆずの種などが出てきてしまい後片付けが大変になってしまうことがデメリットになります。

作り方3・ガーゼや袋に入れる

ガーゼなどに包むことで後片付けも楽になりますが、ゆず湯の楽しみでもあるゆずが見えなくなってしまいます。

ですが敏感肌の人は袋などに入れてゆず湯にすることで、刺激を抑えることができるのでこの作り方がおすすめです。

以上の3つの手順で簡単にゆず湯を作れますので試してみてると良いでしょう。

ゆず湯の効能で健康になれる?

冬至に浸かるゆず湯は風邪の予防にもなり健康にも良いと言われていますが、どのような効能があるのか把握しておきましょう。

効能1・美肌効果

ゆずに含まれるヘスペリンジンが、紫外線などのダメージを軽減する効果があります。

また保湿にも優れているため、乾燥肌の人にはおすすめです。

効能2・老化防止

ゆずにはビタミンCも含まれているため、老化防止に役立てることができます。

効能3・血行促進

ゆずには血行を促進する働きがあり、冷え性の改善にも効果があります。

また新陳代謝が向上する効果もあるため、ダイエット中にもゆず湯を行うと良いでしょう。

このように冬至のゆず湯にはたくさんの効能があり、ゆずの香りにはリラックス効果もあります。

【スポンサードリンク】

しかし柑橘系の精油は、紫外線に当たってしまうと肌トラブルの原因にもなりますので、出かける前に使用することは注意しておきましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *