足の裏が痛い時って病院は何科?病気の内容を明確に!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 30 秒です。

皆さんも1度は歩くと足の裏が痛いなど、足の裏の痛みを経験したことがあるかと思います。

このような足の裏が痛いのは、色々と種類がありますが、主に筋肉の異常や炎症などが原因で痛いと感じることがあります。

そのままにする人も多いですが、激しく痛い時は骨に異常があることもあるので病院に行くことをおすすめします。

しかし足の裏が痛い場合、何科に受診すればいいのか分からないという人や病気の可能性があるのを知らない人もいます。

そこで足の裏が痛い症状で考えられる病気や、病院は何科に受診すればいいのか詳しく説明していきます。

【スポンサードリンク】

足の裏が痛い時は何科へ?

足の裏が痛いなどの病気で病院に行く際には、まずは整形外科に受診し、診てもらいましょう。

よって症状が足の裏が痛い時や腫れているときは、整形外科を受診すると良いでしょう。

また整形外科では、骨折や打撲などの怪我ももちろんですが、関節の変形なども専門的に病院で診療することができます。

ですがその他の糖尿病や痛風が原因となる場合には、内科に受診するようになります。

その他の魚の目などの症状では、皮膚科に受診することが最適です。

このように足の裏が痛いと言ってもさまざまな症状があり、何科に行くかは症状や病気によって診療科を変えると良いでしょう。

しかし最初から原因が分かることはあまり無いので、何科に行くかというより、総合病院に行くことがおすすめです。

【スポンサードリンク】

足の裏が痛く辛い時は、軽いストレッチで筋肉をほぐしてあげることで、痛いのを緩和することができます。

さらに足の血流を良くするためにマッサージをすることも最適ですが、靴にインソールを入れたりして工夫することも対処法となり、症状が軽いものなら病院へ行くことなく改善することができます。

【スポンサードリンク】

足の裏が痛いのはどんな病気があるの?

足の裏が痛い際に病院へ行く前に、病気の内容を明確にしておきましょう。

足の裏が痛いと感じる病気は色々と考えられますが、足の内側が痛い原因となる病気について説明していきます。

・足底腱膜炎

足底腱膜炎は、足の裏の内側が痛いと感じることがあります。

この足底腱膜炎はスポーツや、ウォーキングなどの運動を行っている人がなりやすいと言われています。

その他に肥満体形の人の場合、立ち仕事などをしていると負担がかかり、起こりやすくなります。

・種子骨炎

種子骨とは足の裏の骨のことで、腱の滑りを良くしたり、体重の負荷を減らす役割をしている骨のことです。

この骨が分裂や炎症を起こすことで、種子骨炎となります。

種子骨炎になる原因は、生活習慣やサイズの合っていない靴などが関係してきます。

足の裏の親指の付け根付近が痛い場合は、種子骨炎の可能性が高くなります。

・足底線維腫

足底線維腫は足の裏が痛いなど、しこりのようなこぶができるのが特徴的です。

このこぶは土踏まず辺りにできることが多いですが、良性の腫瘍ですので心配はありません

足底線維腫を発症してしまうと、痛いと感じる上に足の裏の違和感で歩行にも困って島弧ともあるかと思います。

【スポンサードリンク】

よって早めに改善をするためにも、病院へ受診して治療を行いましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *