マヌカハニーは風邪やのどに効果アリ?摂取量はどうなの?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 38 秒です。

最近では国内でも自然由来の抗菌作用がある「マヌカハニー」が多くの人から利用されていますが、マヌカハニーは風邪のどの痛みにも効果があるのが特徴です。

よって、マヌカハニーは風邪の引き始めだけでなく、のどの痛みの予防や治療にも役立ちます。

しかしマヌカハニーは、毎日一定の量を摂ることが効果をキープするのに大切だと言われています。

そんなマヌカハニーですが、効果がある摂取量が詳しく分からないという人も多いかと思いますので、こちらを参考に風邪を引きづらい身体づくりをしておきましょう。

また乾燥する季節にはのどが痛くなったり、それが原因で風邪を引いてしまうこともあるので、そんな時にもマヌカハニーはおすすめです。

【スポンサードリンク】

マヌカハニーが風邪やのどの痛みに効果大!

マヌカハニーは通常のはちみつと口当たりが違うため、初めて口にする人は量が多いと少し戸惑ってしまうかもしれませんが、慣れてしまえば特に気にならなくなります。

しかし風邪の場合だと、マヌカハニーは体内に入って数時間で効果が低下してしまうので、数時間ごとに生のまま少量ずつ摂取することが大切です。

また、のどが痛い場合はマヌカハニーの成分をのどに残しておく必要があるため、マヌカハニーを摂取する前に水分は摂っておくようにしておきましょう。

さらに風邪を引いてからだけでなく、マヌカハニーを習慣的に摂取しておくことでのどを保護し、風邪のようなウイルスに強い身体にしてくれるため病気予防にも効果が高いことが立証されています。

【スポンサードリンク】

よって、マヌカハニーは効果を高めるために日頃から摂取しておくことが大切です。

【スポンサードリンク】

マヌカハニーの効果を高める食べ方と摂取量

まず、マヌカハニーを風邪予防として利用する場合は、UMFの量が10+か15+のものを選ぶようにしておきましょう。

UMFの量は抗菌作用の値と考えても良いのですが、これ以上高いものは日頃の風邪予防には特に必要ありません。

そして、マヌカハニーは毎日摂取することが大切だと言いましたが、量としては1日にスプーン3杯程度で良いので、風邪予防には毎日生のまま舐めるようにすることをおすすめします。

しかし、どうしてもマヌカハニーの味が苦手だと言う方はホットミルクなどに少量入れて飲むと、のどだけでなく身体も温まるので、自分の好みのものとミックスするのも良いでしょう。

また、風邪の対策へより効果を高めるためには、マヌカハニーの量を増やすのではなく、より体内に吸収できるように空腹時のご飯前に摂取することが重要です。

そして慣れてくれば、マヌカハニーを口に入れてすぐに飲みこまないようにすると、口臭、虫歯、歯周病の予防にも役立ちます。

マヌカハニーの効果は風邪やのどだけでは無い!?

マヌカハニーは風邪やのどの痛みの緩和に高い効果を発揮しますが、マヌカハニーの効果は他にも9つ存在しています。

よって、継続してマヌカハニーを摂取するためにも、マヌカハニーの凄い効果を知っておきましょう。

・炎症抑制

・切り傷・火傷の治療

・コレステロール値の低下

・ガン予防・治療

・胃腸疾患の予防・改善

・鼻づまり改善

・糖尿病の治療

・虫歯予防

・インフルエンザ予防

【スポンサードリンク】

このようにマヌカハニーは風邪予防以外にも利用できるため、日頃からマヌカハニーを摂取しておきましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *