風邪にはお風呂の温度に注意?入り方や時間は変わる?

風邪をひいている時ってお風呂に入って良いのでしょうか?

気になる所ですよね。

また風邪の時のお風呂の温度はどれ位が良いの?

風邪の時のお風呂の入り方や時間で注意しないといけない事はある?

お風呂に入れたとしても気になるポイントはたくさんありますよね。

ここでは、そもそも風邪の時にお風呂に入っても良いのかどうかお話ししていこうと思います。

また風邪の時のお風呂の適正温度お風呂の入り方入浴時間についてもお話ししていきますね。

【スポンサードリンク】

風邪の時はお風呂に入ってもいいの?

風邪の時にはお風呂に入ってはいけない!というイメージがありますよね。

それは昔の話です。

日本では昔お風呂のない家が多く銭湯が主流でした。

風邪をひいた時に銭湯に行くと帰りに湯冷めしてしまいますよね。

銭湯のお湯は温度も高いので風邪を悪化させる原因ばかりでした。

家にお風呂がある家庭でも家の外にお風呂が建てられている所が多かったんです。

その為脱衣所は寒くお風呂で温まっても一旦外に出ないといけないので湯冷めしやすかったんです。

今の日本の住環境は良くなりお風呂の入り方も改善されました。

風邪の時には正しいお風呂の入り方をすれば入浴しても良いんです。

風邪の時にお風呂に入る事で風邪症状を和らげ改善することができるんですよ。

【スポンサードリンク】

風邪の時にお風呂に入るとどう改善する?入っちゃいけない人もいる?

風邪の時にお風呂に入る事で血行を促進させる事ができます。

血行の促進により筋肉の緊張を和らげて血管を拡張させるので鼻づまりの改善につながるのです。

【スポンサードリンク】

また浴室内の湯気は喉の保湿効果に適しています。

風邪のウィルスは湿気を嫌うのでウィルスの活動も抑えてくれますよ。

さらに皮膚を清潔にすることで発汗作用がスムーズになります。

風邪の時にお風呂にはいる事でこれらのメリットがあります。

では風邪をひいている人は誰でもお風呂に入って良いのでしょうか?

風邪の症状がひどい場合の入浴は風邪を悪化させる危険性があります。

熱が38℃以上ある時悪寒がひどい時には入浴は控えましょう。

また全身の倦怠感がある時や嘔吐や下痢がある時もお風呂に入らないようにしましょう。

風邪の時のお風呂の温度や入り方、入浴時間について

微熱程度の風邪の場合にも正しいお風呂の入り方ってあるのでしょうか?

風邪の時の正しいお風呂の入り方は体を冷やさない事体力をできるだけ消耗させない事です。

まずお風呂に入る前に脱衣所とお風呂場を温めておきましょう。

脱衣所やお風呂場の温度が低いと体の温度が下がり風邪が悪化してしまいます。

また風邪の場合にはたとえ短い時間でも温度の高いお風呂に入ると体力を消耗してしまいます。

風邪の時の適正入浴温度は41℃です。

体が適度に温まるし体への負担も少ない温度なのです。

ではどれ位の時間お風呂に浸かる入り方が良いのでしょうか?

入浴時間の目安は41℃のぬるめの温度で20~30分です。

ぬるめのお風呂に時間をかけてゆっくり浸かる入り方だと副交感神経が刺激されてリラックスできます。

とはいっても時間が立って疲労感を感じるようであれば早めに上がりましょう。

入浴後はしっかり体を拭いて時間の立たない内に布団に入り湯冷めしないようにしましょう。

髪の毛を洗う場合はしっかりと乾かし入浴後は水分補給をしましょう。

これらの正しいお風呂の入り方を守って風邪の時でもお風呂の時間を楽しみましょう。

正しいお風呂の入り方で風邪も改善されると一石二鳥ですね。

【スポンサードリンク】

以上の情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ