りんごの皮むきは超簡単?方法とコツが知りたい!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 32 秒です。

ringo_kawa_muku

みなさんはりんごなどの皮むきが面倒で、果物を食べることすら億劫になっていませんか?

実はりんごの皮むきを簡単にするコツと方法があり、短時間で済ませることができるのです。

よって、りんごの皮むきに毎回手こずってしまっている方は、りんごの皮むきで利用できるその方法と手順をこちらで知っておきましょう。

そもそも皮むきはコツと方法を知っておくだけで栄養価もより多く摂取することができるので知っておいて損はありません

【スポンサードリンク】

りんごの栄養素

りんごは果物の中でも栄養価が高く、そのほとんどは皮または、皮の近くに含まれています

よく皮ごとりんごを食べる方もいますが、近年では農薬が付いたりんごも多いため、一応皮むきは知っておく方が安全です。

よって、りんごの皮むきの方法を知る前に、まずはりんごにはどのような栄養素が含まれており、どんな効果があるのかをまずは知っておきましょう。

①リンゴポリフェノール

りんごのポリフェノールは、免疫力を上げ、風邪やインフルエンザの予防をしてくれる効果があります。

さらにこのポリフェノールには、抗酸化作用があるため、心臓の病の予防にも役立ちます。

②ケルセチン

りんごに含まれているケルセチンは、玉ねぎにも含まれている成分で、血液をサラサラにして血管を元気にしてくれる効果があります。

【スポンサードリンク】

さらにケルセチンは、コレステロールを分解してくれるので、メタボ対策としても利用することができるのです。

③クエン酸

りんごの酸味の元となるクエン酸は、疲労を回復してくれる効果があり、就寝前に食べることで寝付きが良くなるのでオススメです。

【スポンサードリンク】

りんごの簡単な皮むきの方法とコツ

まず、りんごの皮むきはなるべく薄くむくのが方法の中の基本です。

そうすることで栄養素をより残すことができ、身を無駄にしなくて済みます。

よって、りんごの皮をむく際には、以下のコツ①②を意識しておきましょう。

コツ①包丁ばかりに意識を向けない

りんごの皮をむくときは、基本的に左手の親指で支えながら(右利きの場合)むくかと思います。

しかし、その際に包丁を綺麗に側面に沿って滑らそうと包丁ばかりに気を向けてしまいがちですが、それだと削り過ぎることも多いので左手の親指に意識をおきながらむくようにして下さい

それによって、りんごの皮むきによるけがを減らし、薄くむくコツが自然と身に付きます。

コツ②包丁で削ぐのではなく、「滑らす」ことを意識する

そもそも包丁は切る道具ではなく、押して引く道具なので、それを意識することでりんごの皮むきだけでなく、他の食材を切るときにも切りやすくなります。

このように普段の包丁使いの意識を少し変えるだけで、りんごの皮むきのコツにもなりますので、是非騙されたつもりでまずは一度試してみることをオススメします。

りんごの皮むきはピーラーで超簡単!?

りんごの皮むきを包丁でするのが難しいという方は、じゃがいもなどの皮むきに使用するピーラーを使えば子供でも簡単にむくことができます。

ピーラーだと、皮も薄ける上、包丁でむくよりも怪我無くむけるのでオススメです。

【スポンサードリンク】

しかし、子供がピーラーを使う場合は、親御さんがしっかり見ながら注意して行いましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *