リンゴ酢の飲み方!いつ?量は?お湯の場合の手段は?

fruit_slice08_apple

お酢は健康に良いと言われていますが、いつ飲めば効果的なのか分からないこともありますよね。

今ではリンゴ酢などドリンクにして飲みやすいお酢が販売されており、お酢の美容や健康効果を得ることができます。

ですがリンゴ酢をいつどのタイミングで飲むか、量やお湯割りの場合など、飲み方に悩んでしまうこともあります。

リンゴ酢は、大さじ1~2杯の量を目安に摂取するようにしましょう。

またリンゴ酢の美味しい飲み方を知ることで、毎日いつでも飽きずに続けられることができ、より効率良く栄養を摂取することができます。

よってリンゴ酢の飲み方やお湯で割って飲む場合の手段などを解説していきます。

【スポンサードリンク】

美味しいリンゴ酢の飲み方

リンゴ酢をドリンクにして飲み続けるためには、美味しい飲み方を知ることで続けやすくなります。

リンゴ酢は酸味が強くて飲みにくいと思っている人は、以下の飲み方を参考にしてみてはいかがでしょうか。

・水、お湯で割る

リンゴ酢をそのまま飲むことは、お酢が強く飲みにくいので水やお湯で割って飲みます。

冬場はいつも身体が冷えてしまうので、お湯で割って飲むことがおすすめです

リンゴ酢を水やお湯で割るときには、6~8倍の量で割ってあげましょう。

・牛乳

リンゴ酢は牛乳で割ることでヨーグルトのような風味になり、飲みやすく人気な飲み方です。

牛乳が入ることで味がマイルドになり、お酢特有の酸味を抑えることができます。

・ジュース

リンゴ酢はフルーツジュースなどの色々なジュースと混ぜる飲み方もあります。

【スポンサードリンク】

またジュース混ぜることで子供も飲みやすくなるので、家族でリンゴ酢ドリンクを楽しめます。

【スポンサードリンク】

リンゴ酢を飲むタイミングや量が知りたい!

お酢でダイエット効果などを得るためには、飲むタイミングが重要になり、いつ飲むかで効果は変わってきます。

お酢に含まれるクエン酸が脂肪をエネルギーに変える働きがあり、その他にもお酢を摂取した後に運動することで脂肪が燃焼しやすくなります。

このようなリンゴ酢の効果をいつでも最大に生かすためにも、いつどれくらいの量を飲むのか把握しておきましょう。

・リンゴ酢はいつ飲むの?

リンゴ酢は食後に摂取することがおすすめです。

お酢には食欲を増す効果があり食前に摂取してしまうと食べ過ぎてしまうことがありますので、食後に飲むことが良いと言われています。

・リンゴ酢の量は?

量は15~30mlを目安に飲むようにしましょう。

少量でも他のもので割ることで飲みやすくなるので、上記の飲み方及び量で試してみてはいかがでしょうか。

リンゴ酢はお湯で飲むことも可能

リンゴ酢には血圧を抑える効果や血糖値を穏やかにする効果もありますが、お湯などの温かいもので割って飲むことでいつでも身体を温めることができます。

よってお湯などを使用するホットリンゴ酢ドリンクは、寝る前に飲むことで効果的です。

特に身体が温まる効果があるので、冷え性の人にはお湯割りがおすすめの飲み方です。

また冷え性の人は、いつも代謝が悪くダイエットをしても効果が出にくい体質になっている可能性が高いので、リンゴ酢などを使用して代謝を高めることでダイエットの効果も出るようになります。

【スポンサードリンク】

お酢ダイエットは少量でなくとも副作用の心配は無いので、飲みやすいリンゴ酢で行うことが良いでしょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ