はちみつのカロリー!大さじと小さじは?糖尿病の危険は?

cooking_honey_hachimitsu

はちみつは太ってしまうというイメージをもっている人も多いかと思いますが、砂糖とはちみつのカロリーは、実ははちみつの方がカロリーが低いのはご存知でしょうか。

また糖質を摂取し過ぎると糖尿病の危険性も高くなります。

ですがはちみつは栄養価が高く美容や健康に効果があり、食後の血糖値が緩やかにあがるので糖尿病の予防にもなると言われています。

はちみつの小さじ1杯は、砂糖大さじ1杯と同じ甘さになり、はちみつの小さじと砂糖の大さじではカロリーも違いがあります。

このように気になるはちみつのカロリーについて細かく説明していきます。

【スポンサードリンク】

はちみつのカロリーが知りたい!

はちみつは家で良く使用する砂糖よりもカロリーが低く、少量で砂糖と同じ甘さを出すことができます。

またはちみつを料理に使用することで、コクを出すことができます。

その他にもはちみつはお菓子やドリンクにも入れて摂取することができるので、健康や美容に気を使っている人には、ぜひ試してほしい健康食品です。

上記でも述べていますが砂糖の大さじ1杯の甘さを、はちみつは小さじ1杯の量で同じ甘味を出すことができます。

・砂糖大さじ(約36キロカロリー)

・はちみつ小さじ(約21キロカロリー)

このように大さじと小さじで同じ甘味を出すことができ、カロリーも抑えることができるので、大さじで砂糖を使うより代わりに小さじではちみつを使用することがおすすめです。

【スポンサードリンク】

またはちみつの豊富な栄養も一緒に摂取することができるので、美肌効果や病気の予防することができます。

【スポンサードリンク】

はちみつは糖尿病の危険がある?

上記で大さじと小さじなど軽く説明をしましたが、はちみつには血糖値の上昇を緩やかにする働きがあるので糖尿病の予防にも効果のある食品です。

既に糖尿病の人も糖を摂取するために、はちみつを使用することがあります。

糖尿病になってしまうと体内のインスリンの分泌が悪くなり、血液中の血糖が尿として排出されていまいます。

このような糖尿病の改善方法は、食事と運動で行うことが基本となります。

ですから食事などで炭水化物を摂りすぎてしまうと血糖値が急上昇してしまいますので、先に野菜などを食べ血糖値の上昇を抑えることが大切です。

また砂糖の大さじではなくはちみつの小さじを使用するなどすれば、血糖値を抑えることができますので糖尿対策に試してみてはいかがでしょうか。

はちみつの効果とは

これまではちみつのカロリーについて説明してきましたが、糖尿病の予防など以外の効果をご紹介しますので、はちみつを健康や美容に使用しようと思っている人は参考にしてみて下さい。

・美肌

はちみつには豊富なビタミンやミネラルが含まれており、保湿性と浸透性に優れています。

よってハリのある肌になることができ美肌に効果が期待できます。

・疲労回復

はちみつは体内に入るとすぐに得エネルギーに変わるので、胃に負担をかけず栄養を吸収することができます。

またはちみつはレモンと相性が良いので、糖尿対策の運動後にはちみつレモンを摂取することで疲労回復に効果がありおすすめです。

・アンチエイジング

【スポンサードリンク】

はちみつにはポリフェノールやビタミン、新陳代謝を高める亜鉛も含まれているため、老化を防止にも役立ちます。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ