糖尿病の症状は初期から注意!足の異変としびれは危険かも?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 25 秒です。

mukumi

糖尿病は放っておくと危険で、初期症状も分かりにくいということをご存知ですか。

糖尿病にかかると足などの体のパーツに初期症状が出てくることが多く、それは足の皮膚や神経など、人によって異なります。

それらの中でも多い症状として挙げられるのは、足の痺れでピリピリしたり、ジンジンといったしびれや痛みがおこり、進行してくると手にもしびれなどの症状が出てくるなどのようなことたちです。

さらに糖尿病は進行すると神経が働きを失っていくため、感覚が鈍くなり、感覚が麻痺状態に陥ってしまうこともあります。

しかし糖尿病はなかなか自覚がしにくい病気なので、糖尿病の症状と対策などもこちらで詳しく調べてみることにしました。

よって糖尿病の早期発見、早期治療のために一度読んでみてはいかがでしょうか。

【スポンサーリンク】

糖尿病の初期症状

①糖尿病の初期症状としては主に足の指や足の裏といったところに、しびれや痛みが生じることが多いとされています。

そのしびれから感覚低下を起こしてしまう糖尿病の人は、自分が怪我をしているのにもかかわらず、健常な人に比べると痛みなどを感じる神経が鈍くなってしまうため自覚をしにくい傾向にあります。

さらに他にも、②口が乾いてくる、③疲れやすい、④多尿といった初期症状がみられるようになることもあるので、その辺もチェックしておきましょう。

次に糖尿の人の尿は、タンパク質が過剰に含まれているため、⑤尿に泡が立ちやすくなることもあります。

そして初期症状に起きる⑥だるさや疲れ眠気などは、インスリンが不足している合図でもあり、ブドウ糖が取り込めなくっている症状による合図でもあるのです。

【スポンサーリンク】

糖尿病の対策

糖尿病となってしまう一番の原因は、生活スタイルで食事や運動不足などが習慣づいてしまい糖尿病になってしまうケースです。

よって生活スタイルに乱れがある方は、そこから改善していきましょう。

中でも一番のポイントとなるのは、食生活で食事を糖質オフの物にすることを心がけるという点です。

もちろん食事以外にも適度な運動が改善するにしては代謝の面でも必要で、糖尿病には全身の筋肉を使えるウォーキングが最適な改善法です。

ウォーキングは1日15~30分程度、週に3~4日がベストなので、これを目安に行うことがオススメです。

そしてタイミングとしては、食事から1時間後に運動をして体を動かすのも良いでしょう。

さらに近年では、糖分を抑えるサプリメントなどの利用も一般的になってきているので、副作用などの危険性を配慮し、手軽に飲める市販のサプリもオススメです。

ですがいずれの対策においても、ストレスが貯まらないようにしなければ逆効果になってしまうので、慎重に実行していきましょう。

症状が改善されない場合は・・・

上記の対策をやっても改善せれない場合は、速やかに専門医に相談するか、病院へ受診されることをおすすめします。

糖尿病は数ある病気の内でも進行が早く、どうしても医療薬に頼らないと改善されない場合もあるのです。

【スポンサーリンク】

よって自分で対策できていると思わず、定期的な健康診断等は積極的に受けるようにしておきましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *