シナモンの効能とは?花粉症や風邪改善!副作用はあるの?

シナモン

シナモンの独特な香りが苦手な人も多いかと思いますが、シナモンには凄い効能があることをご存知でしょうか?

シナモンと聞くと、お菓子に使用されているイメージが強いのですが、花粉症や風邪の予防になると言われています。

さらにシナモンの効能には、ダイエット効果もあるため、多くの女性が注目しています。

しかし、副作用の心配は無いのか不安になる人もいらっしゃるかと思いますが、

過剰摂取をしなければ副作用が起こる確率はかなり少ないです。

そこで今回は、シナモンの花粉症と風邪への効能や副作用について説明していきます。

シナモンの効能・副作用を知らない人は、是非参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

シナモンの効能とは?

シナモンは、スパイスの王様とも呼ばれており、栄養が豊富な上にさまざまな風邪や病気に効能があります。

シナモンには、強い抗菌作用があり、その働きによって風邪予防や改善をすることができます。

その他にも

  • 血栓予防
  • コレステロールを下げる

などの効能があり、健康に良いスパイスです。

ただし、シナモンによる効能を期待することができるのは

  • 血管の老化が進んでいる40代

からになります。

10~20代の人は、血管修復力が高いため、シナモンによる風邪や花粉症の効果を実感することができない場合もありますので注意しておきましょう。

【スポンサードリンク】

しかし、今の時代は偏った食事や生活習慣によって、血管の老化も進みやすいため、定期的にシナモンを摂取し、予防することもおすすめです。

花粉症や風邪の改善にシナモンが良い?

上記の通りに、シナモンには抗菌作用があるため、風邪の改善に役立ちます。

以外と知らない人も多いのですが、シナモンには花粉症を抑える効能があるため、花粉症による鼻の炎症を緩和することができます。

このようにシナモンで花粉症を緩和するためには、ティッシュにシナモンを付けて、クンクンと匂うだけでも効果があります。

シナモンが苦手という人も、紅茶に混ぜて飲んだり、

自分が摂取しやすいようにアレンジをすることもおすすめです。

花粉症ではない人でも、風邪の予防にシナモンを定期的に摂取して、免疫力を上げることも最適です。

【スポンサードリンク】

シナモンには副作用がある?

たくさんの効能があるシナモンですが、風邪や花粉症の予防に摂取するには、

副作用があると心配になりますよね。

シナモンはサプリメントにも配合されていることが多いのですが、

用量を守って摂取していれば、副作用の心配はありません。

しかし、シナモンの過剰摂取は、妊婦さんの場合、胎児に悪影響を与えてしまいますので要注意です。

シナモン自体は天然成分になりますので、花粉症や風邪予防に使用して副作用を心配する必要は無いのですが、妊婦さんにとってはシナモンに含まれるクマリンの過剰摂取は危険になります。

人によってはアレルギー反応が起こることもあり、過剰摂取によって肝臓の損傷などの副作用が起こるケースがあります。

シナモンに含まれるクマリンは、1日の摂取量が、体重1kgで約0.1mgとなりますので、シナモンで花粉症や風邪予防をする際には摂取量を考えて試すようにしましょう。

妊婦さんがシナモンを摂取するときは、胎児への影響や副作用のことも考え、医師に相談することをおすすめします。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ