脱水症状の対処法!頭痛や下痢なら子供は要注意すべき!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 42 秒です。

脱水症状

これからの日差しがきつくなる季節に心配になるのが脱水症状です。

皆さんは脱水症状が起こったときの正しい対処をご存知でしょうか?

脱水症状は大人でも起こることが多いですが、

子供の場合は下痢や頭痛の症状にも注意して対処する必要があります。

小さな子供のいる家庭では、

もしものときのためにも脱水症状の正しい対処法を把握しておきましょう。

脱水症状で頭痛や下痢などの症状について詳しく説明していきますので、確認してみて下さい。

【スポンサーリンク】

脱水症状の対策法が知りたい!

体内の体液が失われることで、脱水症状が起こり、身体がだるくなったり、頭痛や下痢などの症状が起こります。

そんな脱水症状は、体内に水分量の多い子供の方が発症しやすいため、小さな子供のいるご家庭では正しい対処法を知っておきましょう。

脱水症状が起きたときの対処法は、

市販の経口補水液を飲むことが推薦されていますが、

経口補水液は自宅でも簡単に作ることが可能です。

脱水症状に効果のある経口補水液を作るときに用意する物は、

  • 水1ℓ、砂糖大さじ3、塩小さじ0.5、レモン果汁

で、これらを混ぜることで作ることができ、脱水症状の対処法といて使用することができます。

レモン果汁を入れなくても大丈夫ですが、飲みやすさを考えるのであれば、レモン果汁を入れることで子供も飲みやすくなります。

また、経口補水液がない場合には、

【スポンサーリンク】

薄めた味噌汁やイオン水でも代用することがすることができますが、

牛乳は消化されにくいため脱水症状が起こっているときには避けるようにしましょう。

子供に限らず大人が飲む場合でも、少量を少しずつ飲むようするのが基本です。

赤ちゃんの場合は、1回の授乳時間を短くし、回数を増やすようにすることが赤ちゃんの脱水症状の対処法では大切です。

子供の下痢や頭痛には注意!

脱水症状の初期症状は、身体のだるさ、下痢、頭痛などがあり、頭痛を感じた際には脱水症状の可能性も考えて、早めに対処するようにしましょう。

また、子供が頭痛を訴えたからと水分のみを与えてしまうと、体内の塩分・ミネラルの濃度が低くなり、バランスを維持するために水分を排出してしまうため危険です。

よって、子供に脱水症状である頭痛が起こった際には、ミネラルや塩分を含むものを摂取させてあげましょう。

水分のみを与えてしまうと、下痢や吐き気といった症状が起こり、体内の水分が余計に失われてしまいます。

そのため、脱水症状で下痢や吐き気の症状が出たら、塩分・ミネラルを補充するのが重要なポイントです。

【スポンサーリンク】

脱水症状で病院に行った方が良い場合とは?

経口補水液で、下痢や頭痛、体温が下がらない場合は、早めに病院へ受診しましょう。

意識がもうろうとしてきて反応が鈍くなってくると、生命に関わることもあります。

すぐに病院へ行けないというときには、まずは涼しい部屋に移動し、身体を冷やし、塩分を摂取することのできる経口補水液を摂取して対処をしましょう。

脱水症状が落ち着くまでの期間には個人差がありますが、約1週間は頭痛や下痢などの症状が続きます。

このように脱水症状が子供に起こり、頭痛や下痢の症状で悩んでいる際には上記の対処法を試してみてはいかがでしょうか?

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *