ネット依存症をチェック!症状と治療方法の対策は?


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 17 秒です。

computer_kurayami

「ネット依存症」という言葉をご存じの方は多いと思いますが、実際に自分が依存しているかどうかチェックしたことのある方は、少ないのではないのでしょうか。

現代はネット化が進み、スマホ、ゲーム、ネット通販などが流通しています。

そんな中であなたもネット依存症のひとりになっているのかもしれません。

ネット依存症と聞くと、少し大げさな表現だと思われるかもしれません。

しかし中毒症状がでると、精神を不安定にさせ、過度のストレスを溜めこむ原因となります。

それが他の病気とも併用してしまう可能性があるのです。

大人になってからネット依存性になった場合、自分自身でそれに気付き、改善するしかありません。

よってネット依存症のチェックが重要となり、その過程で自分の症状も判明するので、治療法や対策もはやく見つけ出すことができます。

ネット依存症の治療方法や対策は、依存の症状によってさまざまなので、ここでまとめて紹介していきたいと思います。

是非それらを参考に、ネット依存や中毒を改善し、症状を少しでも軽減しましょう!

【スポンサーリンク】

ネット依存症チェックってどんなもの?

ネット依存症チェックはサイトによって変わってきます。

日頃からネットに慣れている方だと何問かクイズ形式の質問に選択式で答えていくだけのものが多いので、すぐに簡単にチェックすることができます。

ネット依存症診断クイズでチェックしよう

チェック①・1日にネットを使う時間は?

チェック②・ネットが原因で家族や友達などの身内との関係に亀裂が入ったことがある

チェック③・ネットがなくなってしまうと、暇な時間になにをしていいか分からない

チェック④・ネットの途中なのに中断させられるとイライラしたりする

チェック⑤・ネット上に友達や知り合いがいる

上記のような質問に答えていくことで、心の問題やネット依存症の症状にあるときハッと気づくきっかけになるかもしれません。

【スポンサーリンク】

ネットが中心となった生活を送っていると、寝不足になるなどの弊害が多くなります。

最悪の場合はロングフライト血栓症が原因となり、死に至る可能性もあるのです。

【スポンサーリンク】

ネット依存症の治療法

ネット依存症チェックで自分が依存していると判明してしまった人は、早めの治療が大切です。

そして最も重要なのは「なぜネット依存から開放されたいのか」を明確にしておくことです。

なんとなく依存はダメだから…などの理由で治療をしても、すぐにネット依存症が再発をしてしまい、余計克服しにくくなります。

そこを理解した上で治療法を実行しましょう。

ネット依存症治療法その5

治療法①・パソコン・スマホなどの端末を常に携帯しておかない

治療法②・就寝前はネットをせずに寝る癖をつける

治療法③・スマホゲームなどに依存している人は、まずは課金をしないようにすることから始める

治療法④・どのぐらいネットに時間を費やしていたかを記録して自覚する

治療法⑤・パソコンは使った後は毎回完全にシャットダウンする

これらのような治療方法から始めることによって、無理なく徐々に治していくことができます。

はじめからネット契約を切ったりして完全に絶ってしまうのは上手くいきません。

禁断症状により、精神的ダメージがより大きくなってしまいます。



ネット依存症にならないための対策

ネットが当たり前になった近年、ネット依存症になるきっかけも急激に増えてきています。

なので、対策としては日頃からスケジュール管理を徹底しましょう。

長くネットをしてしまった場合は、なぜそんなにネットに時間を費やしてしまったかを記憶しておくことが大切です。

ネットによって失ったものは何もないのかなど、損得勘定でネットを利用することが一番のネット依存症対策に繋がるのです。

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *