レアメタルの価格は?推移や相場はどれくらい?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 26 秒です。


そもそもレアメタルとは何か?と思う人もいるかと思いますが、レアメタルは希少金属のことで、天然の生産量が少ないため、採取しにくい金属です。

しかし、非鉄金属全体のこともレアメタルと呼ぶ場合もあります。

レアメタルには約31種類もの金属があり価格も種類によって異なるため、種類の価格推移も気になる人もいらっしゃいますよね。

また、購入するために価格や相場を知りたい!という人のためにも、レアメタルの大体の相場をお教え致します。

そこで今回は、レアメタルの価格推移や相場について詳しく説明していきますので、レアメタルの価格でお悩みの人は参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

気になるレアメタルの価格はどれくらい?

レアメタルは採掘にもコストがかかり、埋蔵量が少ないため、価格も高くなります。

そんなレアメタルの取引される価格はいくらなのか、知らない人も多いかと思います。

約31種類もあるレアメタルの中でも1番価格が高いのが白金、バラジウム、テルルなどです。

1番高いと言われる白金の価格は、1gが約6100円で、セシウムは約5000円もします。

逆にレアメタルの中で最も価格の安いものが、ジルコニウムで約0.1円です。

このようにレアメタルといっても、種類によって価格の推移も変わりますので高いものから安いものまであります。

【スポンサードリンク】

レアメタルは元素と合金することで、特殊な機能を持つ特徴があり、携帯、テレビ、自動車などにも使用されており、不可欠な材料なのです。

【スポンサードリンク】

レアメタルの価格の推移や相場が知りたい!

レアメタルの価格の推移は常に変動していますが、そんな価格の推移には、生産量や埋蔵量などが関係しており、耐用年数によっても価格の推移は変わってくるのです。

耐用年数は埋蔵量に対し、その年の生産量で割ったもののことを言います。

上記でも述べていますが、レアメタルはパソコンや携帯、テレビなど生活に必要な材料となりますので、レアメタルが無くなってしまうと産業社会には大きな衝撃となってしまうでしょう。

また、レアメタルの約1g当たりの相場をご紹介致しますので、参考にしてみ下さい。

・ロジウム

レアメタルであるロジウムはプラチナや銀などの着色に使用されており、1g当たりの相場が約5900円になります。

・白金

白金はレアメタルの中でも希少で、1g当たり約6100円で最も価格の推移が高くなっています。

装飾品にも使用されていますが、自動車の排気ガス浄化にも効果があり、日常生活の中で多く使用されています。

・ブルトニウム

ブルトニウムは、元素のひとつで放射性原料でもあり、相場が1g約40万と言われています。

レアメタルのまとめ

レアメタルは希少で埋蔵量などによって、価格の推移や相場は日々変わっています。

そのため、高騰しやすく相場も高くなることがあるのがあります。

日本ではレアメタルなどの金属資源が無いため、レアメタルの入手は輸入に頼ることがほとんどになります。

【スポンサードリンク】

このようなレアメタルは生活用品にも欠かせない材料であるため、レアメタルの価格の推移が変動し、高騰し続けてしまうと相場も高くなり、国としても問題となるのです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *