廃油の処理を家庭でして良い?法律的には大丈夫なの?

皆さんは家庭で揚げ物をした後にできる廃油の処理は、どのようにしているでしょうか?

そのまま排水に流してしまうと、環境破壊にも繋がるため、今では法律によって適切な処理を行うことが義務付けられています。

少しくらい家庭の廃油を捨てても大丈夫と思っている人もいるかもしれませんが、環境破壊が進むと人間にも悪影響が起こります。

そのため、法律でも義務付けられていますので、家庭の不要になった食用油などの廃油は正しい方法で処理しましょう。

しかし、そんな法律で義務付けられている廃油の処理方法も自宅で簡単に行うことができますので、そのまま排水に流すのではなく、正しい処理方法で処分するようにするのが大切です。

【スポンサードリンク】

廃油の処理は家庭でもできる?

家庭で出た食用油などの廃油は、油凝固剤などで固めて燃えるゴミに捨てることができます。

しかし、面倒だからとそのまま排水に流すのは環境汚染になりますし、法律で義務付けられていますので、油凝固剤などを使用して適切な処理を行いましょう。

また、油凝固剤の他にも油吸うパットも販売されているので、家庭でも廃油を簡単に処理することができるようになっています。

中には油凝固剤やパットをわざわざ買うのにためらいのある人もいらっしゃるかと思いますが、自宅で不要になった物を利用して廃油を処理することもできます。

・紙パックで廃油処理

自宅で飲み終わったジュースや牛乳の紙パックを上手く利用することで、家庭の廃油処理を行うことができます。

【スポンサードリンク】

洗った紙パックに新聞紙や紙タオルに廃油を染み込ませて紙パックの中に入れます。

そのままでは自然発火の危険性もありますので、水を一緒に染み込ませ、紙パックの口をテープなどで閉めましょう。

そうすることで、燃えるごみと一緒に処理することが可能です。

紙パックをポリ袋に変えて、同じ方法で廃油を処理することもできますので、家庭から出る廃油の処理に困っている人は是非試してみて下さい。

【スポンサードリンク】

家庭の廃油は法律で義務付けられています!

上記で説明してきたように、家庭からでる廃油をそのまま排水に捨てるのは、環境破壊に繋がるため法律で正しい処理をするように義務付けられています。

・廃油を排水に流すのは危険

法律で義務付けられていてもばれないからと、排水に廃油を流していると排水管に油汚れがこびり付き大変なことになります。

パイプに汚れの層ができ、高圧洗浄では効果がないと言われるほどです。

そのため、法律でも義務付けられているように、正しい廃油の処理をするのが最適です。

・廃油の回収を業者に頼む

また廃油はリサイクル処理をして、新しいものに生まれ変わらせることができるため、廃油の回収をしてくれる業者もあります。

廃油を捨てるのも手間がかかりますので、このような業者に回収してもらうのも1つの処理方法です。

パイプ汚れにも繋がる廃油は、決して排水に流さないように注意しておきましょう。

法律で義務付けられていることを知らなかった人も、法律違反をしないように正しい処理方法をしていくのがベストです。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ