シャコバサボテンの育て方!病気と芽摘みは大丈夫?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 30 秒です。

flower_syakoba_saboten

シャコバサボテンの原産地はブラジルで、樹上や岩などに根を張っているサボテンです。

このシャコバサボテンの育て方は知らない人も多いかと思います。

葉は厚みがあって平べったく、ギザギザになっているのが特徴的です。

またシャコバサボテンは育て方で最も重要な作業が葉摘みと芽摘みで、この芽摘みなどを季節によって行い花を咲かせやすくすることが大切になります。

シャコバサボテンは病気にかかりにくいですが、多湿や高温には弱く湿気の多いところでは病気になる心配もでてきてしまいます。

このようにシャコバサボテンの育て方は難しく大変ですが、ちゃんとお手入れをしてあげることで綺麗な花を咲かせることができます。

そのためにもシャコバサボテンを育てるときのポイントや季節によってのお手入れの仕方を知っておきましょう。

【スポンサードリンク】

シャコバサボテンの育て方

シャコバサボテン4~10月くらいまではベランダなど外に出し、日に当ててあげましょう。

梅雨~9月上旬は、湿気や夏のきつい直射日光は避け日陰に置いてあげることが大切です。

シャコバサボテンは秋になると花芽をつけ始めるので、夜遅い時間まで光を浴びせないようにしておきます。

そうすることで花芽ができやすくなります。

このときに蕾が付いている場合、蕾が落ちてしまうこともありますので注意しておきましょう。

その他の育てる為のポイントは

・水やり

【スポンサードリンク】

基本として土の表面が乾いたら水をあげましょう。

ですが蕾が成長する時期には、表面が乾いて1~2日してからしっかり水やりをします。

・肥料

春~梅雨までは、肥料は必要です。

梅雨が明けてからは肥料をせず、9月上旬には肥料が切れている状態にしておきましょう。

・鉢植え

鉢植えをする際には、通気性と水はけの良い用土が最適です。

・植え替え

シャコバサボテンは年に1回、植え替えをしてあげます。

植え替えをするときには根腐れなどをしていないかもチェックしておきましょう。

このように育てるには、注意することもありますが比較的に育てやすく人気があります。

夏場などに水をあげすぎたりすると根腐れの原因になりますので注意しておきましょう。

【スポンサードリンク】

シャコバサボテンの病気と芽摘み

上記で述べていますが、シャコバサボテンは病気の心配のない植物です。

ですがナメクジなどの虫が発生することもありますので、薬剤を使用し見つけた時には除去してあげましょう。

シャコバサボテンのお手入れで大切な芽摘みは秋に新芽を摘み取り、花芽をつきやすくします。

また芽摘みの他に葉摘みを行う必要もあり、バランスの良い形にするためにも必要な作業になります。

主に春と秋の2回に行い、葉摘みのやり方は茎を摘んで葉を軽くひねるだけで摘むことができハサミなどを使用する必要はありません。

バランスを整えるためにも良いですが、新しい葉を増やす効果もあります。

綺麗に丸くなるようにしてあげることがバランス良く見えるポイントです。

【スポンサードリンク】

シャコバサボテンの花言葉は「ひとときの美」、「美しい眺め」で、季節によってお手入れは必要ですが、この花言葉のように美しいたくさんの花を咲かせます。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *