エアブラシ塗装のテクニック初心者編!コツと失敗例って?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 22 秒です。

エアブラシは、その名の通りに圧縮した空気で塗料を吹き付けるものです。

このようなエアブラシはさまざまな塗装をするときに使用されており、自動車やバイクのペイントなどに使用されていますが、今では製菓でもチョコレートの吹き付けにも利用されています。

しかし、初心者でもエアブラシを使用することができるのか疑問に思いますよね。

またエアブラシを上手に使うためのコツやテクニックがありますので、今回はエアブラシで塗装をするときのコツやテクニックをお教え致します。

よって、エアブラシをなかなかうまく使うことができないと悩んでいる人は、是非参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

エアブラシのテクニック初心者編!

エアブラシの塗装のコツは、塗装するものによって変わってきますが、基本のエアブラシの塗装方法をお教え致します。

飲料の状態に合わせて、塗料1に対して溶剤を約1~2を添加し、好みの濃度になるように調節するのが塗装を上手にするテクニックのポイントです。

大体の濃さは牛乳くらいの濃さにするのがコツになります。

失敗してしまう多くの人が、塗料を吹き付けるときに近すぎたり、遠過ぎることがあります。

初心者テクニックでは、太吹きの場合は10~15cm離し、細吹きのときにはエア圧を下げ、近くから吹きつけるのが最適です。

また、パーツのないところからエアブラシで吹きつけることでムラなく塗装することができます。

【スポンサードリンク】

完全に乾燥するには、約1週間かかると言われており、手で触れるくらい乾燥するまでは約3時間程度になりますので、エアブラシで塗装が終わったら3時間以上はそのまま放置して乾燥させましょう。

色がなかなか乗らないという場合には、1度乾かしてからもう1度吹きつけるのがムラなく色を乗せるテクニックです。

【スポンサードリンク】

エアブラシ塗装の失敗例とは?

エアブラシ初心者の人は塗料用液が濃過ぎてしまい、塗装膜が厚くなることもあります。

そんなときの塗装のコツとしては、塗料用液を今より薄く調合することが熱くならないポイントです。

エアブラシで上手に塗装するテクニックでもある程度離すことが大切になります。

またはみ出しを防ぐためには、マスキングテープを貼るかと思いますが、マスキングテープを貼るときにも気泡が入らないようにするのがコツです。

テープに気泡ができてしまうと、そこから飲料が入り込み、塗装の分け目が滲んでしまうこともあります。

エアブラシ塗装のコツが知りたい!

上記のエアブラシ塗装の初心者テクニックでも述べていますが、塗料の濃さと吹き付ける距離がエアブラシのムラなく塗装するコツにもなります。

さらに、グラデーション塗装のコツは中央部分を明るくなるようにし、周囲を濃くなるように吹き付けることで綺麗なグラデーションとなり、立体感出すテクニックです。

このようにエアブラシはコツを掴むとプラモデルの塗装もおこなうことができるようになり、色みにも深みを出すことができます。

【スポンサードリンク】

そのため、エアブラシでなかなか上手く塗装ができないと悩んでいる人は、上記のテクニックやコツを参考にエアブラシを使用してみて下さい。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *