紅茶の種類とは?一覧で効果と効能を簡単に解説!

紅茶の種類が分かる一覧とは?

紅茶を飲まれる方は多いですよね。

そこでたくさんある紅茶の種類を一覧にまとめたので、今後の参考になれば良いと思います。

さらに紅茶の種類だけでなく、効果や効能を知りたい方もいると思います。

一覧とは別に紅茶の効果や効能もまとめましたのでそちらも是非参考にしてください。

【スポンサードリンク】

紅茶の種類が分かる一覧

紅茶の種類とそれぞれの楽しみ方を一覧にしましたので是非ご覧になってください。

今回は4種類ほどご紹介させていただきます。

紅茶の種類①ダージリン

非常に繊細で香り高い紅茶、ストレート向きです。

ダージリン紅茶はミルクティーには向いていません。

「繊細な香り」を楽しんでほしいので、ストレートティーに向いています。

そして和菓子に意外と相性がいいです。

なぜ、紅茶に和菓子が合うのか、と思う人もいるでしょう。

それはダージリン紅茶の味は日本の緑茶に近いものになるからです。

味が緑茶に近いため、和菓子がとてもよくあいます。

紅茶の種類②アッサム

濃い味わいで甘みがあり、ミルクティー向きです。

紅茶の中でもっと味が濃いので、ミルクを入れても良いです。

そしてしっかりと紅茶の味が残り、ミルクと紅茶のバランスが最適です。

甘味の強いガッツリ食べる系統のお菓子に合うように思います。

紅茶の種類③アールグレイ

ベルガモットの香料をつけた紅茶で、アイスティー向きです。

紅茶にベルガモットの香りをつけたお茶の総称です。

これは基本的には作り方に決まりがないです。

メーカーによっては風味が違いますが、柑橘系の香りがします。

それからチョコレートとの相性が良いですね。

紅茶の種類④フレーバーティー

香料で香り付けした紅茶で、ミルクティー向きでありストレートも合います。

その香りも多種多様で、果実系のマンゴーやマスカットのフレーバーティーがあります。

また、お菓子系のチョコレートやバニラなどのフレーバーティーもあります。

甘い香りのするフレーバーティーですが気になるカロリーの方は、

なんと香料をつけていない紅茶と変わりありません。

【スポンサードリンク】

ダイエット中の女性は、甘いお菓子の代わりにフレーバーティーを飲むのがおすすめです。

ティーバッグ紅茶を美味しく入れるやり方も貼っておきます。

ティーバッグ紅茶の最高峰って?おすすめの入れ方で別物です!

紅茶の効果と効能

紅茶の種類を先ほど紹介したので、次に効果と効能についてです。

効果と効能①虫歯予防

紅茶にはフッ素が含まれています。

フッ素は歯の再石灰化を促進し、 歯を丈夫にするものとして歯磨き粉にも入っています。

ただし、あくまで予防ですので、紅茶を飲めば虫歯にならないということではありません。

そして紅茶はステインの原因になるので歯磨きは必要です。

【スポンサードリンク】

効果と効能②殺菌作用

紅茶にはカフェインが含まれていますので、眠気覚ましにはいいです。

紅茶だけではなく、お茶全体に言えることですが、お茶の葉には殺菌作用があると言われています。

そのため、紅茶の効能として、1煎目の紅茶はそのまま飲んで、

2煎目の紅茶(かなり薄くなります)は「うがい」に使われる方も多いです。

とくに、冬などは紅茶の効能を期待して、うがいをされる方が多いです。

効果と効能③利尿

紅茶を飲むと水分補給になるので、利尿作用を感じることがあります。

紅茶はもちろん水分なので、尿になるのですが、ふつうの水よりもトイレが近くなります。

それだけ紅茶には体の食べ物を外に出すので、

紅茶をたくさん飲んでいると食欲も沸いてくることが多いです。

食欲がないとき、紅茶を飲んでいると利尿作用のおかげか、食事でも食べ物をよく食べれて健康的な旅行などをすることができました。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ