抜け毛の原因はなに?病気とタバコ?シャンプーも?

nukege_woman

タバコやシャンプーが抜け毛の原因になってしまっているということはご存知でしょうか。

頭皮に合っていないシャンプーを使っていると、さまざま頭皮トラブルに繋がります。

またタバコを吸うことは抜け毛に大きく関係していて、抜け毛は病気のサインである可能性もありひどい抜け毛の場合には注意しておきましょう。

このように抜け毛の原因は色々なものあり、改善することで抜け毛を抑え健康な髪を発毛させることが重要です。

抜け毛で髪が薄くなってしまうと外見にも影響がでてしまいます。

よって抜け毛が起こってしまう原因や病気などの注意しておくべきことを説明していきます。

【スポンサードリンク】

抜け毛の主な原因とは

抜け毛を引き起こしてしまう原因としてタバコやシャンプーもあげられますが、その他の生活習慣も重要になってきます。

・タバコ

なぜタバコは抜け毛などに関係してくるのでしょうか。

タバコには多くの有害物質などが含まれており、発がん性物質も数十種類が含まれていてタバコを吸っていても身体に良いことは1つもありません。

このタバコに含まれているニコチンが自律神経を乱し、脳を覚醒させた状態にします。

そうすると頭皮などから皮脂が分泌され、毛穴を詰まらせてしまいます。

その他にもニコチンで頭皮の血管が収縮してしまい、髪に必要な栄養が頭皮に届きにくくなってしまうこともタバコによる抜け毛の原因です。

・シャンプー

【スポンサードリンク】

シャンプーでのすすぎ過ぎや合っていないものを使用していると頭皮にダメージを与えてしまい抜け毛に発展します。

またシャンプーで頭を洗う際に、爪を立てないように気をつけましょう。

頭皮はデリケートな部分ですので、爪などでも簡単に傷ついてしまいます。

このような日々のシャンプーで抜け毛を防止するためには、すすぎ過ぎで必要な皮脂までも落としてしまうことを避けるように注意しておくことが大切です。

また自分に合ったシャンプー選びも重要ですが、シャンプーの前に指の腹でマッサージをし、頭皮の血行を良くし汚れを浮かしてあげることがおすすめです。

【スポンサードリンク】

抜け毛は病気のサインって本当?

原因が分からず抜け毛がひどい場合は、何らかの病気の可能性があります。

・鉄欠乏症貧血

体内の鉄分不足で起こってしまう病気で単なる貧血のように思いますが、鉄分が減ってしまうとヘモグロビンも減ってしまい、身体に栄養を届けることができなくなってしまいます。

このように栄養が届かなくなってしまうと髪にも影響がでて、抜け毛などの症状が起こります。

・皮膚疾患

感染症などの皮膚疾患で、頭皮環境が悪くなり抜け毛が多くなってしまう症状が起こります。

・甲状腺に異常が起こる

甲状腺に異常が起こってしまうと、甲状腺は代謝などに関わる甲状腺ホルモンを分泌しているので細胞の代謝も悪くなってしまいます。

こうして異常が起こってしまった場合、頭皮にも影響がでてきます。

抜け毛で病院に受診した人の中には、このような病気になっているケースがあります。

今では病院で頭皮の悩みを解決できることが多く薬を処方してくれますので、効率よく改善することができます。

【スポンサードリンク】

また日々の食べたもので髪や皮膚はできているので、食生活を見直すことも大切です。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ