被害妄想はどんな病気?その症状や意味まで教えます!


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 4 秒です。

被害妄想は、精神的な病気の症状のひとつと言われており、想像や空想などは誰もが経験したことがあると思います。

ですが、妄想と想像は、全く違うもので、何らかの病気によって被害妄想をしてしまうことがあります。

そんな精神的な病気の可能性もある、被害妄想は他の人からすると理解することができないことが多いのが特徴です。

精神症状として、被害妄想が起こることが多いため、妄想に強い確信を持っているのも精神的な病気の可能性が高くなります。

被害妄想の意味を知らないという人もいるかと思いますので、被害妄想の意味や症状など詳しく説明致します。

【スポンサーリンク】

被害妄想が起こる病気とは?

つい思いこみが激しくなり、被害妄想をしてしまうことはないでしょうか?

また、自分では被害妄想をしているつもりは無い人でも、友人や家族から被害妄想を指摘されることも少なくなりません。

被害妄想の意味は、「強い確信」があることですので、被害妄想かもしれない…と不安な気持ちがあるのであれば、被害妄想ではないと言われています。

被害妄想に繋がる病気は?

そんな被害妄想が起こる病気は、うつ病、総合失調症、認知症などがあります。

これらの病気では、被害妄想などの症状が起こるケースがあります。

中でも、総合失調症という病気では、被害妄想の症状が起こりやすく、誰かに見られている、尾行されているなどの被害妄想が強くなります。

そのため、実際に起こっていないことを、現実で合ったように思うため、被害妄想でも強い確信があるのです。

その他のうつ病などの病気でも、マイナス思考になりがちです。

そのため症状に被害妄想が起こり、周りの人に自分の悪口を言われているなどと思いこんでしまいます。

【スポンサーリンク】

このように、被害妄想の症状が起こる病気もあり、どれも現実であったかのように思いこんでしまうわけです。

被害妄想の正しい意味を理解し、精神的なケアができるように医師に相談するのが良いでしょう。

被害妄想の意味や詳しい症状が知りたい!

そもそも被害妄想について意味をあまり理解できていない人もいるかと思います。

最近では被害妄想の意味を分からないまま、被害妄想かもと思う人もいるかと思います。

ですが本当に被害妄想をしている人は、被害妄想という自覚が無いことが多いのです。

被害妄想とは、

他人から自分の思っているような危害を加えられていないのに、妄想で強く思い込むことで、現実で起きたことのように信じる。

これを被害妄想と言います。

しかし、軽い思い込みくらいでは、被害妄想といった意味とは違ってきます。

上記の意味のように、被害妄想をしている人は、強い確信を持っているため、他人が説得やアドバイスをしても聞き入れにくい状態になっています。

【スポンサーリンク】

また、被害妄想の詳しい意味や症状は、被害妄想のタイプによって異なります。

・嫉妬

嫉妬の被害妄想は、恋人や夫に浮気をされていると妄想するタイプになります。

関係の無い情報を浮気と決めつけ、相手を責めてしまうという症状があります。

否定されても確信が揺るがないため、エスカレートすると傷害事件などに発展することもあります。

・不安

周りにいる人が自分を見ている、監視されて家などの周囲のことに妄想をするタイプになります。

このような被害妄想の症状がある場合、思い込みが強くなると、妄想だけではなく、幻覚も見えるようになることがあります。

そのため、自宅から出るのが嫌になり、引きこもりになってしまうケースもあります。

被害妄想の症状がひどいと指摘されるのであれば、早めに専門の医師に相談してみましょう。

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *