あかぎれの治し方は薬だけ?食べ物で肌に潤いを!


乾燥のする季節には、手のあかぎれなどの肌トラブルに悩む方も多いのではないでしょうか。

あかぎれ特に女性や小さなお子さんになりやすい傾向にありますが、あかぎれの治し方は薬だけとは限りません。

もちろん薬で効率的に治療するのも、あかぎれの治し方として間違っているというワケではありませんが、普段から食べ物での治し方となる対策を知っておくことで、お金をかけることなく治療と予防をすることが出来るのです。

よって今回はあかぎれになりにくい肌にするために、おすすめの食べ物を紹介するので、あかぎれになりやすいという方は治し方の参考にしてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

あかぎれの原因とその症状

あかぎれの薬以外での治し方を知っておく前に、まずは予防を兼ねてその原因や症状を詳しく理解しておくことが重要です。

まずあかぎれは、

手の皮膚が乾燥している

手や指が乾燥で赤みを帯びている

手や指の皮膚層が厚くなる

手や指が乾燥してパックリと割れている

手の皮膚が乾燥でかゆくなる

などの症状が当てはまります。

これは、見ても分かる通り、肌の乾燥や皮膚の水分や脂質が足りていないことが原因と言われていますが、あかぎれは血行不良ビタミン不足も原因のひとつとなっているため、薬などで乾燥対策を万全にしたからといって十分なあかぎれ対策にはなりません。

【スポンサードリンク】

よってあかぎれは薬などで保湿しても再発する人が多く、治し方も人それぞれで変わってきますが、肌ケアを行っても効果が無いという方には食べ物によるあかぎれの治し方がおすすめです。

【スポンサードリンク】

あかぎれの効果的な治し方は食べ物からの栄養摂取!?

栄養不足が原因であかぎれが出来る方は薬が効かないだけでなく、冬によく聞く「しもやけ」にもなりやすいのが特徴です。

よって、これからは薬ではなく、あかぎれに効果の高い「食べ物を利用した治し方」を紹介します。

①ビタミンA

体内のビタミンAが不足すると、手のあかぎれだけではなく、体全体の肌トラブルの原因になると言われています。

よって、普段から食べ物でも緑黄色野菜を食べられていない方は、薬の多用に加え、あかぎれに特に注意が必要です。

②ビタミンE

ビタミンEは血液のサラサラ効果が高いことで有名ですが、このビタミンEは不足すると反対に血行が悪くなり、手足の冷えに繋がってしまいます。

手足が冷えてしまうことで、体全体に栄養が行き渡らなくなり、あかぎれなどの肌トラブルも起きやすくなってしまうので冷え性の方は特に注意しておきましょう。

そしてビタミンEはアーモンドや唐辛子などの食べ物に多く含まれているので、あかぎれだけでなく貧血気味の人も是非摂取しておきたい成分となっています。

③ビタミンB2

ビタミンB2は豚肉やチーズなどの食べ物に多く含まれている成分ですが、これらはあかぎれのようなひび割れや炎症に効果があり、予防にも最適です。

このようにビタミンの摂取もあかぎれの効果的な治し方として挙げられますが、寒い時期の食べ物を少し変化させるだけでもあかぎれを予防することができるので、薬を使用するよりもおすすめです。

【スポンサードリンク】

また、これらの食べ物はあかぎれの治し方として利用できるだけでなく、薬と違って美容やアンチエイジングにも効果が期待されています。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ