キヌガサタケの料理とは?値段や食べ方が知りたい!

kinoko_kinugasatake

キヌガサタケというきのこは珍しく栽培をすることも難しいきのこです。

きのこの棒の部分に網目状の白い笠が被さっていることが特徴的で、見た目は食べられるのかと不安に思いますが食用とされており毒などはありません。

このキヌガサタケには独特の強いニオイがあり、食べ方としては主に中華料理などでスープや煮込み、餡かけなどのキヌガサタケにある独特のニオイを和らげる調理方法で使われています。

自宅などでキヌガサタケを料理する場合にも、そのまま焼いて食べるとニオイがきついのでニオイを和らげる調理法をしてあげることがおすすめのきのこです。

このようにキヌガサタケの食べ方や値段はいくらするのか気になることも多いと思いますが、値段など詳しく説明をしていきます。

【スポンサードリンク】

キヌガサタケの料理、食べ方

上記でも説明しましたが、キヌガサタケはニオイが強いために虫などが寄ってきて食べられることが多く自然繁殖は難しいきのこです。

中国では高級食材として有名ですが、日本ではあまり出回っていません。

自宅で調理する場合は、異臭を落とすためにもまずはしっかりと水で洗ってあげましょう。

そのキヌガサタケは基本スープなどにして食べることが多く、食感は普通のきのことは違ってシャリシャリした歯ごたえで柔らかくなり縮みます。

【スポンサードリンク】

中国などでの調理法は、乾燥させてから煮込み料理などで煮込んでたべることが一般的のようです。

その他にもキヌガサタケの空洞を利用し詰め物入れて蒸したりすることもあります。

料理するときの注意点として、しっかりと洗わないとクサヤのような強烈なニオイがしますので注意しておきましょう。

【スポンサードリンク】

値段や特徴が知りたい!

高級食材のキヌガサタケは、出回っていることが少なく約1kg2万ほどの値段になってきます。

主に夏から秋にかけて育つのでタイミングが良ければ市場などで購入することができます。

ネットなどの通販などでも見かけることはあまりなく、珍しい食材ですので中国からの輸入が多いようです。

このように高いですが、漢方としても利用されていて健康に良い食材でもあります。

キヌガサタケの特徴は道徳のニオイと食感ですが、そのニオイを出すことで虫を引き寄せ胞子を運んでもらうために異臭を放っています。

笠の内側から伸びている網目状のものは地面まで達し、衣をはおっているように見えることからきのこの女王とも呼ばれており、中身の中心部分は空洞になっています。

竹林に発生していることが多く、幼菌時には、まるで卵のようなものに入って触った感触はブヨブヨと柔らかいのが特徴的です。

乾燥させ出汁を取ることも料理にしようすることができます。

高級食材ですのでなかなか手に入ることはありませんが、採取した際や手に入れたときには美味しく調理してあげましょう。

【スポンサードリンク】

きのこは良く洗ってざるなどに置き乾燥させてあげることで、日持ちも良くなるうえに香りや味わいが深くなりより美味しくなりますので試してみて下さい。

 

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ