マーガリンは危険物?バターとカロリーや成分が大きく違う?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 45 秒です。

メディア等でよくマーガリンは危険と言われていますが、なぜ危険なのかを知らない人も少なくありません。

そもそも危険であればマーガリンはなぜバターと同じ場所にスーパーで販売されるの?という疑問もわいてきますよね。

それでは、マーガリンは果たして何が原因で危険だと言われているのでしょうか。

マーガリンのカロリーや成分が体に与える影響から、その実態を詳しく探っていきたいと思います。

また、バターもマーガリンよりも高い値段で売られていますが、味はどちらも良く似ているのが特徴です。

よって、今回はバターとマーガリンの成分やカロリーを比較し、そこからマーガリンの危険性を説明していくので、気になる方は是非チェックしてみて下さいね。

【スポンサードリンク】

マーガリンはなぜ危険な食べ物として有名なの?

そもそもマーガリンの主な原料は植物油ですが、これは常温では液体になってしまうため、水素添加などの化学成分で固体化されているのが特徴です。

しかし、植物油が固体化する過程でトランス脂肪酸という人工化合物も生成されてしまうので、それが原因でバターと違いマーガリンは危険だとよくメディアで取り上げられています。

なぜならこのマーガリンから生成されるトランス脂肪酸という成分は、

・動脈硬化

・高血圧

・心疾患

・ぜんそく

・認知症

・アトピー、花粉症などのアレルギー反応

【スポンサードリンク】

・妊娠中に胎児の成長を妨げる

などを高める危険性がある成分だということが報告されているのです。

このトランス脂肪酸は実際に海外でも危険な成分として扱われているため、食品で使用する際には量について制限が設けられているのも現状です。

しかし、日本は海外と食生活も違うという理由から、このような規制は設けられていません。

よって、マーガリンは日本のスーパーから消えることはなく、バターと同様に私たちの身近なものとして利用されているのです。

また日本の現代人は和食離れが深刻化しているため、日本人も日頃からマーガリンにも含まれているトランス脂肪酸を摂取している傾向が高くなっているため、心当たりのある方は注意しておくことをおすすめします。

【スポンサードリンク】

マーガリンとバターの成分やカロリーの違い

それではマーガリンとバターの成分とカロリーから比較していきましょう。

上記でも説明した通り、マーガリンの主原料は植物性油脂となっていますが、その他にも乳化剤などの化学成分が含まれているのが特徴です。

一方でバターはマーガリンと違い牛乳の脂肪分だけで作られているため、その点でもマーガリンの成分が危険と言われる理由が分かりますよね。

しかし両者のカロリーは100gあたり、マーガリン:760kcalで、バター:745kcalなので、大幅にカロリー値が変わるわけではありません。

カロリーが変わらないため、どちらの方が太りやすいというワケではありませんが、カロリー以外の成分を見てみるとその違いは歴然です。

ですが、体へのマーガリンの危険性を見ると成分や加工の仕方の違いから、バターの方が安全なのは確かなので、なるべくはマーガリンよりもバターを購入することをおすすめします

いかがでしたか?

【スポンサードリンク】

マーガリンは、カロリーオフ、カロリーハーフ、植物性などということを売りにしてよく販売されていますが、日常的に摂取することで危険なリスクも考えられる食べ物なので、マーガリンの過剰摂取などには十分に注意しておきましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *