徹夜明けを乗り切るには?仕事前の食事に対策を!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 17 秒です。

tameiki_businessman

仕事での徹夜明け体の疲れがとれにくく、帰宅してからもなかなか眠ることができないこともあります。

この徹夜明けを乗り切るためには、仕事前の食事の対策が大事なのはご存知でしょうか?

乗り切るための基本として、食事をしっかりととることや十分な睡眠も大切になります。

そうすることで徹夜明けでも次の日に体を楽に動かすことができます。

また徹夜明けの食事で気をつけておくべきこともいくつかあります。

徹夜しないといけない仕事前などには、寝ないようにしなければなりませんが糖分などを摂取してしまうと、眠気がおこってしまう作用があり注意しておく必要があります。

このように仕事前の食事や徹夜明けを乗り切るための方法を説明していきますので参考にしてみて下さい。

【スポンサードリンク】

徹夜明けを乗り切りたい!

徹夜明けは体内リズムが崩れてしまっており、生活リズムも変わってしまいます。

そのための改善として大切なのが、夜勤明けでもいつも通りに3食しっかりと食事をすることです。

食事も栄養を考えバランス良く食べることでより効果的で、脂肪分の少ないたんぱく質を摂取してあげると、脳に刺激を与え覚醒してくれるセロトニンの材料にもなり、翌日も体が動きやすくなります。

【スポンサードリンク】

また夜勤や徹夜などは、遅くまで起きておく必要があり事前に仮眠などをして睡眠時間を確保しておくことで作業効率が下がりにくくなります。

夜勤の仕事前は15分くらいでも仮眠をしておくことがおすすめです。

【スポンサードリンク】

仕事前の食事で対策

仕事前には野菜スープや味噌汁などの具だくさんのものを、作り置きしておくと、仮眠後すぐに食べることもできおすすめです。

またナッツ類なども体を動かすためのエネルギー源になってくれます。

食事をする時間帯も朝、夕食はいつも通りに時間に食べ、昼食は食べずに夜中0時ごろに深夜食をたべましょう。

そうすることで昼の時間帯が夜で、動いている夜が昼であると脳が錯覚し、夜間でも眠気に襲われることが無くなりますが満腹まで食事をしてしまうと眠気の原因になります。

甘いものも食べたくなりますが、上記でも述べている通りに糖分は眠くなる作用がありリンゴやバナナなどのフルーツを食べると良いです。

その他にも濃い目のコーヒーやお茶を摂取することも脳が覚醒するので眠気を抑えることがでます。

ですがカフェインの取り過ぎには注意しておきましょう。

夜勤明けの疲労回復をするために

徹夜明けの対策など説明してきましたが、徹夜明けは食事や睡眠が最も大切になり、生活リズムを元に戻してあげましょう。

徹夜することで水分不足にもなりやすいので、徹夜明けは水分をこまめに摂取することを心がけておくことが大事です。

また寝る前にお風呂に入る際には熱い温度では目が覚めてしまいますので、ぬるめの温度にしましょう。

朝起きたら外に出て太陽の光を浴びて体内時計をリセットすることもおすすめです。

【スポンサードリンク】

そして太陽の光を浴びることで、セロトニンが分泌され脳が覚醒し目覚めがよくなります。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *