盲腸の原因とは!ストレスやお酒だけ?食べ物は関係あるの?

盲腸になると上腹部に痛みがあり、症状が進むと痛みも右下に移動するのが盲腸の特徴です。

そんな辛い盲腸を誘発する原因を、皆さんはご存知でしょうか?

盲腸を発症するのは、虫垂に細菌などが入り込み、感染することで起こりますが、盲腸の原因には、日々のストレスやお酒、食べ物などが大きく関係してきます。

過労やストレスによっても、体内の免疫力が低下するため、虫垂で感染し、盲腸となってしまうのです。

お酒の過剰摂取でも盲腸になりやすいものがあるため、注意しておく必要がありますので、盲腸になる原因について、お酒や食べ物などの関係を説明していきます。

【スポンサードリンク】

盲腸の原因はストレスやお酒!?

上記でも軽く説明しているように、ストレスが原因で盲腸になることもあります。

ストレスで盲腸になるのは何故?

ストレスが溜まることで、体内の好中球が増え、体内に活性酸素を大量に排出します。

そこから身体の組織が傷つき、盲腸を引き起こす原因に繋がります。

このように、盲腸の原因ともなるストレスは、盲腸意外にも他の病気の原因にもなるのです。

日頃ストレスを感じやすい人は、適度な息抜きをするようにしましょう。

お酒が盲腸の原因なのか?

ストレスの他にも盲腸になる原因でよく耳にするのが、お酒だと思います。

お酒が原因といっても、特定の酒に盲腸の危険性があるわけではありません。

ですが摂取量が多くなると盲腸の原因になる可能性もあります。

【スポンサードリンク】

お酒は大量に摂取すると、血管の収縮や拡張が起こります。

腸への負担を減らすためには、1日の摂取量も少なめにするのがベストです。

盲腸になった際の注意点

さらに盲腸になってしまった際には、虫垂の細菌を除去する時必要があります。

手術後のお酒や暴飲暴食は避けましょう。

盲腸は症状が重症化していると手術や入院期間も長くなるため、退院後もお酒の量を考えて摂取するようにしましょう。

このように日々のお酒の過剰摂取やストレスによって盲腸を引き起こしてしまうこともあり、その他の病気になる可能性もあるため、注意しておきましょう。

また、ストレスが溜まりやすいという人は、自分の時間を作りリラックスできるようにしましょう。

音楽や映画鑑賞などを楽しむのもおすすめです。

【スポンサードリンク】

盲腸に食べ物は関係あるの?

食べ物が盲腸に関係あるの?と思うかもしれません。

肉、卵、砂糖、牛乳、果物などの食べ物は腸で汚れを引き起こし、盲腸になりやすい状態になってしまいます。

そのため、偏った食事をしている人は、腸にも負担をかけており、毎日の食べ物もバランスを考えて食べることが大切です。

このように、毎日の食生活で食べ物に少し注意することでも、腸内環境を整えることができ、盲腸の予防を行うことができます。

さらに、食べ物も脂っこいものばかり食べていると、便秘にもなりやすく、便秘になることで、盲腸を引き起こす原因になります。

よって、食べ物は野菜なども積極的に摂取し、栄養や食べ物のバランスを考えると良いでしょう。

盲腸を予防するためには、まずお酒の摂取量や食生活を見直すことが重要です。

【スポンサードリンク】

お酒が好きな人も、まずは量を少し減らすように努力することでも変わってきますので、気を付けておきましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ