コーヒーフレッシュ実は危険?成分や賞味期限は要チェック!

sweets_milk_cream

コーヒーが好きで、日常的に飲んでいる方はコーヒーフレッシュを口にする頻度も多いかと思います。

しかしコーヒーフレッシュはとっても危険で、驚くことに成分にミルクは含まれていないのです。

ミルクが入っていないとなると、コーヒーフレッシュは常温で保管でき、賞味期限が長いワケも分かりますよね。

一般的にコーヒーフレッシュの賞味期限は3、4カ月もつため、喫茶店や家庭でも利用されやすく多く出回っていますが、賞味期限が切れているとコーヒーフレッシュ特有の成分により、蒸発してしまうことも少なくありません。

知れば知るほどコーヒーフレッシュの成分は何なのだろうと、恐ろしくなってしまうかもしれませんが、これからその詳細を説明していきますので、コーヒーをフレッシュと共に頻繁に口にされている方は、一度目を通してみるのも損はないかと思います。

そして最後に、コーヒーフレッシュの代用方法も紹介するので、是非試してみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

コーヒーフレッシュの成分はなんなの?

上記でコーヒーフレッシュには、牛乳は一滴も入っていないということを説明しましたが、ではなぜフレッシュは白いのでしょうか?

コーヒーフレッシュの成分表をみても、なんか難しい言葉ばかりで、分かりにくいため、その正体をすぐに思い浮かべにくいかと思います。

そのため簡単に説明しますが、成分は大きく分けて、水と油とそれを上手く混ぜ合わせるための界面活性剤が入っているということが言えます。

【スポンサードリンク】

この界面活性剤とされる乳化剤が、白い色の元となり、そこへ香料や甘くなる添加物や砂糖を加えてコーヒーフレッシュができているのです。

油を使っているため、賞味期限を過ぎると油が固まったり、蒸発したりするため、普段も常温で保管することが多いようです。

【スポンサードリンク】

どうしてそこまで危険なの?

添加物や化学物質の食品などが近年出回っているなか、コーヒーフレッシュもそのひとつだから別にそこまで気にしなくても良いのでは?と思われた方もいるかもしれません。

しかし実際には、コーヒーフレッシュの成分大きい病気の原因にもなりえるため、そこを詳しく説明していきたいと思います。

●トランス脂肪酸

これは上記で述べた油のことで、心臓疾患、ガン、糖尿病の原因になることがあります。

●乳化剤(界面活性剤)

乳化剤となるショ糖脂肪酸エステルは、肝臓にダメージを与え、妊娠中にはお腹の中の赤ちゃんに障害を与えてしまう場合もあり過剰摂取すると、とても危険な成分です。

安くて手軽なコーヒーフレッシュですが、これらの成分を日常的にたくさん摂取をしてしまうと、絶対ではないものの、このように大きな病気を招く恐れがあるため注意した方が良いでしょう。

コーヒーフレッシュを牛乳や生クリームで代用しよう!

そもそもコーヒーフレッシュは、ミルクの代わりにできたものなので牛乳や生クリームでも、もちろん代用が可能です。

牛乳や生クリームはコーヒーフレッシュのように長持ちしないので、利用しにくいかと思いますが、「安くて便利なのにはそれだけの理由がある」ということを理解すると、体のことを考えてナチュラルなものを多少面倒でも使用したくなりますよね。

【スポンサードリンク】

よって自宅でコーヒーを飲むときなど、コーヒーフレッシュを使わなくていいときには、ミルクを代用することをオススメします。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

適切な数字を入力して下さい。 *

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ