甘酒の効果はすごい!寝る前に飲む夏バテ、糖尿病対策!

drink_amazake
みなさんは甘酒の効果をご存じですか?

実は甘酒には人体に高い効果があり寝る前に飲むことで、夏バテ改善効果や糖尿病予防の効果などが期待できるのです。

そうはいっても夏バテや糖尿病に効果があるからといって、アルコールが含まれている上に甘さもあるので、寝る前になんか飲むと太りそう・・・と思われるかもしれません。

しかし甘酒は湯飲み一杯で65~70キロカロリーだけなので、案外低カロリーな飲み物なのです。

そもそも糖尿病対策に良い飲み物なぐらいですから、カロリーや糖分についてはあまり気にせず飲んでも心配ありません。

甘酒は他にも私たちの体に嬉しいことずくしなので、それらも合わせてチェックして頂くと、より甘酒を好きになってもらえるかと思います。

手軽に甘酒で健康体を目指しましょう!

【スポンサードリンク】

甘酒は飲む点滴!?多くの効果を一挙ご紹介!

まず甘酒は栄養価が豊富で、ビタミンB1、B2、B6、カルシウム、マグネシウム、ナトリウム、カリウム、亜鉛、鉄分、オリゴ糖、アミノ酸などが含まれています。

その結果、

・疲労回復

・便秘解消

・美白効果

・糖尿病対策

・夏バテ予防

・安眠効果

・肌のメラニン色素を整える

・脂肪燃焼し、新陳代謝アップ効果

など、効果は数えきれない程たくさんあります。

【スポンサードリンク】

よって、副作用が懸念される睡眠薬などの薬を飲むより、甘酒で健康的に治療または対策する方がよっぽど体に良いですしオススメです。

【スポンサードリンク】

甘酒を飲むなら寝る前に!

甘酒はいつ飲んでも基本的に問題ありませんが、実は飲むタイミングを夜の寝る前にすることによって、上記で紹介したような効果が高まるのです。

それはなぜかというと….

●安眠効果

寝る前に飲むことで、自律神経を落ち着かせて眠りも深くなります。

よって、きちんと寝るスイッチに切り替えられるのです。

●疲労回復・ストレス解消

一日で溜まりきった疲れを自然に回復し、その日に蓄積されたストレスも溜めこまないようにする嬉しい効果が期待できます。

ストレスが溜まっていると、上記で紹介したように安眠効果が得られないので、その点で甘酒は効果的なのです。

●夏バテ対策

甘酒は温めて飲むことが多いため、寒い時期に飲むものでは?と思われた方も多いかもしれませんが、日本では古来から甘酒は夏バテ防止に飲まれてきた文化があり、それは昔の人の知識にもあるぐらい夏バテ改善効果の高い飲み物なのです。

●便秘改善

就寝前に飲むことで、次の日の朝にスッキリ効果が期待できます。

老廃物を溜めこまないためにも、是非寝る前に飲んでおきましょう。

まとめ

甘酒は夏バテと糖尿病予防になるだけではなく、美容効果も高いので、寝る前の10分前ぐらいに湯飲み1杯~2杯の甘酒をのんで就寝することをオススメします。

甘酒を飲むと、眠りやすくなるだけでなく目覚めも良くなり、生活習慣病の予防にもなりますよ!

【スポンサードリンク】

副作用のない飲む点滴にもなる甘酒を、是非この機会に活用していきましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ