風邪の時はコーヒーに薬は注意!紅茶との差はあるの?

風邪をひいてしまった!コーヒーを飲みたいんだけど風邪の時にコーヒーを飲んでも大丈夫なの?と不安に思う人もいるでしょう。

食後に風邪薬を飲んだんだけど、食後のコーヒーは習慣づけているし飲まないと気持ち悪い!という人も多いでしょうね。

風邪薬とコーヒーの組み合わせってよくないの?副作用はある?

と心配になる人もいることでしょう。

私は紅茶派なので、「風邪薬と紅茶の組合せ」についても気になる所です。

ここでは風邪の時にコーヒーや紅茶を飲むとどうなるかについてお話しします。

また 風邪薬にコーヒーや紅茶を組み合わせることによって生まれる作用についてもお話ししていきますね。

【スポンサードリンク】

風邪の時にコーヒーを飲むとどうなる?

実はコーヒーがもたらす作用には色々とあります。

その一つが鎮痛作用です。

風邪によって起こる頭痛を和らげてくれる働きがあります。

要するに痛み止めの効果があるので風邪による関節の痛みや体の倦怠感も抑えてくれます。

二つ目にコーヒーには体温少し下げる働きがあります。

風邪で熱が高い時にコーヒーを飲むと楽になるようです。

利尿作用もあるので体の中の不要な風邪菌を排泄するのにも役立ちます。

ただし風邪の時には脱水症状も起きやすいので十分注意しましょう。

そしてコーヒーには胃液の分泌を促す作用があります。

風邪で胃腸が弱り悪くなった消化吸収を改善してくれます

その結果食欲も回復してきます。

【スポンサードリンク】

さらにカフェインの効果で交感神経が活発になり咳やタンが治まる効果もあります。

風邪をひいている時にコーヒーを飲むと良い事ばかりの様に思いますがここで気を付けなければいけないのが風邪薬とコーヒーとの関係性です。

次で詳しくお話ししていきますね。

【スポンサードリンク】

風邪薬とコーヒーの組み合わせは危険?

ここで大事なのは風邪薬の成分にはカフェインが含まれていることが多いという事です。

風邪の諸症状を改善する為にカフェインが含まれています。

カフェインの含まれている風邪薬とコーヒーを同時に飲むとカフェインの過剰摂取になります。

カフェインを一度に取りすぎると胸がドキドキしたり交感神経が刺激されて眠れなくなったりします。

先ほどはコーヒーを飲むことによって消化吸収が改善されると言いましたがカフェインの過剰摂取では逆にが荒れてしまいます。

その結果食欲が落ちてしまう副作用があります。

また鎮痛作用で頭痛が治まるともお話ししましたがカフェインの過剰摂取ではかえって頭痛めまいを引き起こす原因になるようです。

このような副作用が出る恐れがあるので風邪薬を服用するのであればコーヒーは控えるようにしましょう。

風邪薬と紅茶の組み合わせではどうなの?

では風邪薬と紅茶ではどうなのでしょうか?

紅茶にはコーヒーと同じくカフェインが含まれているので同じことです。

コーヒーよりも紅茶の方がカフェイン含有量は低いという点では、まだましなようですが。

しかし紅茶も風邪薬を服用するのなら飲まない方が良いと言えます。

風邪薬を服用していてもやはりコーヒーや紅茶を飲みたい!という方にはノンカフェインのコーヒーや紅茶をオススメします。

最近はドラッグストアやスーパー等で簡単に手に入りますよ。

【スポンサードリンク】

以上の情報が少しでもお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ