小生とは?使い方と意味・女性の場合もご紹介!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 45 秒です。

小生

皆さんは、「小生」の使い方や意味をご存知でしょうか?

そもそも小生の意味を知らないという人もいらっしゃるかと思います。

小生とは、古い言葉というイメージもありますが、30代前後の人も使用している場合があります。

ですが、なかなか目にする機会も少なく、意味を理解している人は少なくなっています。

まず、きちんと小生の意味を理解しなければ、正しい使い方をすることはできません。

また、女性の場合は、小生を使ってもいいのか疑問に思うこともありますよね。

そこで、小生の使い方や意味、女性の場合はどうなのかについて説明していきます。

【スポンサーリンク】

小生の意味が知りたい!

この小生(しょうせい)の意味は、

主に男子が手紙で自分を指す謙称です。

謙称というのは、自分をへりくだって言うことですが、小生の意味で注意すべきことがいくつかあります。

小生を自分を指す言葉と思っている人もいますが、女性が小生を使ってしまうと恥をかいてしまいます。

小生は、男性が使用する一人称になります。

そのため、小生の正しい使い方をする際は、きちんと意味を理解した上でビジネスや私生活で使用してみましょう。

小生の正しい使い方とは?

上記の通り、小生は男性の一人称ですが、

間違った使い方をしてしまうと相手に不快な思いをさせてしまいます。

へりくだっていう一人称という意味のある小生は、目上の人に使用できると一見思ってしまいますが、

自分より目下の相手や同等の相手に使用するのが正しい使い方です。

そのため、ビジネスで小生を使用する機会があるときは、相手によって使い分けるようにすると良いでしょう。

使い方がよく分からないというときは、無理に小生を使うのではなく、相手に不快感を与えることのないように、「私」を使うようにするのが最適です。

ビジネスでは、相手が嫌な思いをしないようにするためにも、使用する一人称は意味を理解して正しい使い方をしていきましょう。

女性の場合はどうなるの?

これまで、小生の意味や使い方を説明してきましたが、小生は男性が使用する一人称です。

そのため、女性の場合は、小生を使用すると変な感じになってしまいます。

では、「女性が使用できる小生のような一人称はあるのか?」と思う人もいますが、

女性の場合は、小生の女性版は定められていません。

よって、女性がビジネスメールや手紙などで、一人称を使用する際は、

「私、わたくし」を使用するのが基本になります。

まとめ

小生の意味や正しい使い方を理解していただけましたでしょうか?

男性の場合、手紙やビジネスで使う機会があると思いますが、女性の一人称ではないため、女性は注意しておきましょう。

しかし、ビジネスの場では、目下の相手の場合でも相手が好まないこともあるため、小生の使い方はしっかりと考えることをおすすめします。

また、小生の他にも小職や下名など、自分を表す一人称がありますので、

自分が使用しやすい一人称を見付けてみるのがおすすめです。

小生のように聞いたことはあるけど、意味や使い方を知らない言葉は多く存在するため、色々な言葉の意味を理解し、言葉の幅を広げていくのも人との会話が楽しくなるポイントになります。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *