仕事できない人の特徴とは?対応やイライラしないためには?

business_sabori

仕事できない人はどんな人の事を言うのか、いろいろな特徴はあります。

見た目でダラダラと仕事している人を見るとイライラしますが決めるところで決める人もいるので見た目だけでは仕事できない人とは決めつけられません。

どの職業でも言える事ですが仕事できない人は要領の悪い人が多いですね、一緒に仕事をするとイライラすることも度々あります。

仕事が上手く進まない事は誰にでもあることですから、それは仕事できない人とは言えません。

一番厄介なのが長く勤めていると言うだけで班長や係長になった仕事できない上司ですね。

嫌な仕事や苦手な仕事は、部下に降ってきますから部下は大変です。

 新入社員の場合は人の話しをちゃんと目を見て聞き、言った事をメモに書き込む、そういう新入社員は上司から可愛がられるでしょう。

新入社員は仕事できない人と思われないように真剣な態度で取り組んで欲しいですね。

【スポンサードリンク】

仕事できない人の特徴とは?

二度手間、三度手間、が多いので仕事がはかどらなくて上司や同僚から注意を受けていますね。

取引先との対応が悪いし、上司や同僚に対する対応も悪いなどの特徴があります。

製造関係の仕事でも、失敗が多くて作り直しを余儀なくされているのも仕事できない人です。

どんな仕事でも良い結果を出さないと認めてもらえません、結果を気にもしないで、ただ時間を過ごしているだけの人は誰からも信頼されず孤立しているでしょうね。

【スポンサードリンク】

 見た目で判断してはダメですが仕事できない人は、仕事に対する情熱や意気込みのないのが態度に表れています。

★「ああ疲れた」と口癖のように言う。

★自分のミスを人に振る。

★人の手柄を自分の手柄にしようとする。

時間稼ぎの残業をする。

★よく休憩をとる。

★忙しい振りをする。

★批判はするけど提案は出さない。

★出来ない理由しか言わない。

★納期に間に合わない事が度々ある。

知らない事をいかにも知っているかのように言う。

【スポンサードリンク】

対応やイライラしないためには?

なぜ私が!上司ならもっとしっかりしろよ!いいかげん覚えろよ!えっ!私が悪いの?まだ、やっているの?など仕事ができる人は思い当たる事があると思います。

仕事できない人の対応や仕事を廻されたりしたらイライラしますよね。

それがストレスとなり仕事に支障を来す場合もあります。

 仕事ができない人は、「なぜできないのだろう?なぜ怒られるのだろう?普通にやっているのに。」と思っている人が大半です。

仕事できない人は自分なりに仕事しているつもりなんです。

怒られても納期に間に合わなくても、普通にやっているとしか思ってないのです。

そういう仕事できない人とは諦めて距離を持ちましょう。

変に期待せず諦めて自分のペースで仕事をすればあまりイライラもしなくなります。

まとめ

今後も仕事できない人に関わる事が多々あります。

 仕事できない上司には自分の意見をハッキリと勇気を出して伝える。

伝わらなかった場合は、別の信頼できる上司に相談をする。

仕事できない部下には、目を離してはいけません、我慢して仕事を与えてその人の良いところを見つけてあげることも大事です。

部下を育てるのも仕事ですから。

仕事できない同僚には相手をしない。

真面目で一生懸命していても仕事できない人もいます。

【スポンサードリンク】

その人には親切に接してあげて下さい。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ