忘年会の服装は常識?20代から30代の男性必見です


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 19 秒です。

忘年会と言えば、注意すべきは飲みすぎないようにすることだけだと思っていませんか?

もし職場の忘年会となれば、一年間溜まったストレス等をパーッと発散して、たくさん飲んではしゃいで楽しく過ごせればそれに越したことはありません。

でも一年の締めくくりの忘年会と言っても、やはり飲み会ですし、目上の人が参加されていることも少なくないでしょう。

また、場合によっては忘年会でみんなの前での挨拶を求められるかもしれませんね。

そんな忘年会にあなたはどんな服装で行きますか?

20代から30代の若手男性は特に要注意、抑えておくべき大事な服装のポイントについてご紹介します!

【スポンサーリンク】

忘年会の服装で注意すべきポイントは?

忘年会の服装で20代から30代の男性が注意すべきポイントは、まずはラフすぎないこと!

忘年会だし、ちょっとラフな服装しても良いでしょ!

と思ってラフな服装で行ってみたら、みんなそれなりにきちんとした格好をしていて、自分だけ忘年会の中で浮いてしまった、なんて経験はありませんか?

忘年会って、「忘」という漢字にある通り、一年間であった大変なことを忘れて今日は飲みましょうという会ではあるんですが、それはあくまで建前の話。

ここで問題です。

毎月1回職場の人達と飲み会を行い、年末には忘年会を行いました。

一番記憶に残る飲み会はどの飲み会でしょうか。

そう、答えは忘年会です。

「忘」という漢字がついていながら、実は一番記憶に残りやすい飲み会が忘年会なんです。

そんな忘年会で一人浮いている格好をしていたら、恐い上司に目をつけられてしまうかもしれませんよ。

【スポンサーリンク】

また、普段は滅多に話すことのない恐い上司やお偉いさんが、そんな時に限って自分の隣に座ったりするんです。

特に目上の方達は20代から30代の男性には期待している点も大きいでしょうから、20代から30代の男性達が固まって飲んでいる忘年会のテーブルに目を付けて来ることも珍しくはありません。

せっかくこれから会社での活躍を期待される20代から30代の男性が、あとから「忘年会で一人ラフな服装してた奴」というレッテルを貼られるなんてことがないようにしましょう!
【スポンサーリンク】

20代から30代の男性は、ビシッと決めた服装が一番格好良い!

20代であろうが30代であろうが男性はもちろん全員スーツ着用!ということなら、もうそれに越したことはありません。

でも、たまたま忘年会をやった日が出社の日ではなかったとか、最近ではスーツではなくオフィスカジュアルでの出勤を許可している会社もたくさんありますよね。

そういった会社で働いている20代や30代の男性は、スーツを着なくて良いから楽な格好で出社出来ることが大きなメリットです。

でも、オフィスカジュアルの服装で参加するのであれば、うっかりジーパンを履いてしまったとか、丈の短いズボンを履いてしまったとか、そういうことが無いようにしましょう。

ちょっとした年末の気の緩みが忘年会であなたのイメージダウンにつながってしまうかもしれません。

20代から30代の男性であれば一番理想なのは、オフィスカジュアルとスーツの間くらいの服装が望ましいでしょう。

20代から30代の男性というのは、会社の中でも一番脂が乗っている世代で、会社の中での一番の原動力と言っても過言ではありません。

ビシッと決めた格好をしておけば、忘年会ですぐ隣にお偉いさんが急に座っても大丈夫。

人間というのは意外とそういう場所でもきちんとした服装をしている人は覚えているものですし、逆にだらしない格好をしている人がいたら負のイメージをずっと持ち続けるものです。

ましてや、一年の中で一番記憶に残る飲み会なわけですから、服装には十分注意して参加して、楽しい忘年会を過ごしましょう!

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *