当職とは?使い方・意味を解説!小職との違いも紹介!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 53 秒です。

皆さんは、「当職」という言葉を使ったことはあるでしょうか?

当職は、「私」や「僕」といった使い方をする一人称になり、当職は主に弁護士や司法書士などが使うことが多いのが特徴です。

しかし、当職の意味や使い方を知らない人の場合、間違った使い方をしてしまうこともあるので注意しておきましょう。

また、当職と小職の違いについて、どのような違いがあるのか疑問に思う人いるかと思います。

当職と小職は似ていますが、違いもあるため、どちらを使用するか悩んでいる人もいらっしゃいますよね。

そこで今回は、当職の意味や使い方、小職との違いについて詳しく解説していきます。

【スポンサーリンク】

当職の意味とは?

当職(とうしょく)の意味は、弁護士や司法書士などの人が使用する一人称になります。

よって、弁護士の人などは、「私」や「自分」という一人称の意味で、当職を使用しているのです。

また、弁護士と似た感じのイメージである、司法書士や弁理士でも使われています。

そのため、当職は通常の会社員の人が使うと、正しく意味が伝わらないことがあります。

会社員の人は、当職を無理に使用して相手に違和感や不快感を感じさせない為にも、

通常通りに「私」や「わたくし」を使用すると意味も通じやすくなります。

しかし、当職には、「この職業」という意味もあるので、

弁護士や司法書士ではない人でも、この職業について説明や紹介をする際に使用することが可能です。

当職の使い方には注意が必要?

上記の通り、当職の意味は弁護士や司法書士などの一人称です。

そのため、弁護士や司法書士の人が使う一人称ということになりますので、注意しておきましょう。

例文としては「当職の意見としては、こちらの○○を選択すべきです。」というような使い方をします。

これまで説明してきたように、当職は一定の職業の人が使用しますが、

「この職業」という意味もありますので、どの職業の人でも使用することができます。

よって、当職の正しい使い方をすれば、相手にも上手く意味を伝えることができます。

当職と小職の違いが知りたい!

当職と似た言葉で、小職がありますが、違いを知らない人も多いと思います。

当職の意味や使い方は、上記で説明しましたが、小職の場合は一定の官職の人がへりくだって自分を指す言葉になります。

そのため、当職と小職の大きな違いは、相手に対してへりくだった言い方であることです。

小職は、こしょくと読む人もいますが、正しい読み方は「しょうしょく」になります。

どちらも正しい使い方をするために、一定の職業の人が使用するものであることを覚えておきましょう。

しかし、場合によっては会社員の人でも使用することのできるタイミングがありますが、無理に使用すると間違った使い方をしてしまうこともあるので、無理に使用せずに自分の立場や職業に合った一人称を使用するようにしましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

当職や小職の正しい使い方ができるよう言葉の意味を理解して使用することが大切です。

小職は今では使用する人が少ない一人称で、堅苦しいイメージを持たれることもあるので使用するタイミングは考えておきましょう。

意味を理解しないまま、使用してしまうと知らないうちに相手に対して失礼な発言をしている可能性があります。

そのため、どのような言葉を使用する際も意味や使い方を調べてから、活用するようにしましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役にたてれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *