拙宅の意味は?反対語から読み方使い方まで知りたい!

皆さんは「拙宅」という言葉の意味や使い方、反対語をご存知でしょうか?

そもそも読み方が分からない人もいるかと思いますが、拙宅は「せったく」という読み方をします。

そんな拙宅はビジネス用語で、ビジネスでの正しい使い方もあります。

拙宅は知っているけど反対語はあるの?という声もありますが、もちろん反対語も存在します。

そこで今回は、ビジネスでも意味を知っていると役に立つ拙宅の反対語まで詳しく説明致します。

よって、拙宅を知らなかった人は、正しい使い方や反対語などの知識をを身に付けておきましょう。

【スポンサードリンク】

拙宅の読み方や意味が知りたい!

上記でも述べていますが、拙宅の読み方はせったくと言い、ビジネス用語として使われている言葉です。

拙宅と聞くと時代劇なので聞くことの多い「拙者」を思い浮かべる人もいあるかと思います。

そんな拙者の意味にも相手への尊敬の気持ちが込められており、読み方も意味も少し似ています。

また、拙宅の意味を知っている人は少ないかと思いますが、拙宅の拙は自分に関係することを謙遜するときに使います。

そんな拙宅の意味は、自分の家のことをさしており、自分の家の自慢をしないように謙遜した使い方になります。

さらに相手への尊敬にも繋がっている言葉ですので、ビジネスでは使うタイミングもあるでしょう。

そのため、ビジネスで上司や目上の人に対して、自宅の紹介をするときなどに使用すると良いでしょう。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

拙宅の正しい使い方とは?

拙宅は、自分の家という意味ですが、皆さんの多くは自分の家を我が家、自宅などの言葉を使うかと思います。

そのため、拙宅はどうゆう感じの使い方をすればいいのか分からない人もいますよね。

拙宅の使い方は難しく考えずに、例えば「是非拙宅にお越しください。」など、普段自宅や我が家を使う場面で、拙宅を使うのがポイントです。

親しい友人を自宅に招待するときには、ウチと言う人も多いかと思いますが、ビジネスで目上の人に、ウチと使うのは失礼になってしまいますので、相手に丁寧に自宅を紹介するときの使い方では拙宅を使うのが最適です。

その他にも拙宅の使い方は「拙宅で、やっと花の蕾が出てきました。」など、ビジネスで相手とのメールのやり取りでも使用することができます。

拙宅の反対語は何?

拙宅には反対語もありますが、反対語は知らない人も多いですよね。

拙宅の反対語は試験などでも出題されることがありますが、拙宅の反対語は貴宅と言います。

この反対語の貴宅の読み方は、「きたく」と読みます。

また、貴宅の意味は相手を敬い、その家をいうという意味で、使い方は「貴宅訪れましたら」などといった使い方をします。

拙宅と反対語の貴宅は意味が似ていますが、上手に使い分けるようにしましょう。

このように拙宅や貴宅はビジネスで使うことが多いため、意味や読み方を把握しておくことが重要です。

【スポンサードリンク】

間違った使い方をしてしまうと、恥をかいてしまうこともあるため、読み方や拙宅の反対語を理解しておきましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ