【歯茎が腫れた原因とは】出血や痛い場合は即対処すべき?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 25 秒です。

皆さんの中にも、歯茎が腫れて血が出て痛いという経験がある人は多いのではないでしょうか?

そのまま放置しておけば自然と治るイメージがあるかもしれませんが、歯茎の腫れや出血を放置すると深刻な問題に繋がる可能性があります。

また、歯茎の腫れは、子供から大人まで誰もが起こることがあり、歯茎が腫れる原因を知り、対処していくことが大切です。

歯茎の腫れが起こり、血が出るのは、体調不良や間違った歯磨きが原因で起こるため、注意しておきましょう。

そんな歯茎の腫れる原因や、出血時や痛いときの対処法を紹介します。

【スポンサーリンク】

歯茎が腫れる原因は何があるの?

体調不良が原因となり、歯茎に腫れが起こりやすくなります。

また、アルコールの過剰摂取も歯茎が腫れる原因となるので、十分な睡眠やバランスの良い食事を摂取することで歯茎の腫れを改善することができます。

歯茎が腫れて出血が起こる原因で最も多いのが、間違った歯磨きです。

毎日の歯磨きは、口内の細菌を抑えるために大切ですが、力を込めて歯磨きをすると歯茎が傷つくことがあります。

そのため、間違った歯磨きをしないように口内の細菌の繁殖を抑えることが重要なポイントです。

他にも、歯の隙間に蓄積された歯垢や食べ物のカスが原因となり、細菌が繁殖して歯茎の腫れや出血が起こることもあるため、食後は必ず歯磨きをするようにしましょう。

【スポンサーリンク】

出血や痛いときの対処法!

歯茎の腫れや出血があり、痛いというときは歯周病の可能性が高くなります。

歯周病になると、歯肉炎になり、歯茎から出血が起こります。

さらに症状が進むと、ずっと歯茎が痛い状態が続き、そのまま放置していると歯が抜けるケースもある怖い病気です。

よって、歯茎の出血や痛い症状はそのままにせず、早めの対処が重要となります。

このように歯周病が原因で、歯茎から腫れや出血がある際は、研磨剤配合の歯磨き粉を利用し、歯茎の腫れや出血を抑えるのが最適です。

歯周病を予防するためには、毎日の歯磨きでのケアに加えて、デンタルフロスなどで歯磨きでは落としにくい歯の隙間の汚れを落とすのが良いでしょう。

しかし、どうしても歯が痛い状態が続く場合は、歯医者に受診して適切な処置を受けることがおすすめです。

歯茎の痛いのを軽減させるためには?

上記の通り、歯茎が痛いのは、歯茎が炎症をしていることが原因で歯周病の恐れもあります。

しかし、仕事上すぐに歯医者に行くことができない人もいるかと思いますので、歯が痛いのを和らげる方法を紹介します。

また、虫歯で痛い状態が続いている場合は、痛みを緩和するために冷やすことがおすすめです。

すぐに痛いのを改善したいときは、ロキソニンを配合した鎮痛剤を服用して応急処置をすることもできます。

歯茎の痛みを一時的に治すことができても、繰り返し痛みが出てくるので早めに歯医者で治療するようにしましょう。

【スポンサーリンク】

歯茎が腫れないように予防するためにも、毎日の歯磨きで口の中を清潔な状態に保つことが重要で、歯磨きをしっかりすることで虫歯の予防にもなります。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *