二度寝防止の原因は?その健康効果を詳しく解説!


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 13 秒です。

仕事や学校などで、朝早くに起きないといけないときに、つい二度寝をしてしまった経験はないでしょうか?

仕事が休みの日であれば、二度寝をしても問題はありませんが、二度寝によって遅刻するのに注意しましょう。

二度寝を予防するために、まずは原因や健康効果について知っておくと最適です。

また、寒い冬場は、布団からなかなか出れず、二度寝してしまう人が多いようです。

そんな二度寝の対策方法も色々なものがあり、二度寝を防止することで健康面にも効果を期待することができます。

そこで今回は、二度寝の原因や防止方法について詳しく説明していきます。

【スポンサーリンク】

二度寝防止の対策方法とは?

二度寝をしてしまう原因の多くは、睡眠不足が大きく関係しており、睡眠不足になることで朝起きにくくなって二度寝をしてしまうケースがあります。

成人した人に必要な睡眠時間は、6~8時間必要ですが、二度寝をしてしまう人の睡眠は約4~5時間というデータも出ています。

そのため、二度寝を防止するには、睡眠時間を増やして疲れをしっかり摂るのが大切です。

この他にも二度寝を防止するために、寝る前にPCやスマホを使用しないことが重要になります。

寝る前にPCやスマホを使用するのは、二度寝の原因のひとつで、脳が覚醒してしまい、なかなか寝付くことができず、質の良い睡眠を摂ることができなくなってしまいます。

よって、質の良い睡眠を摂り、二度寝を防止するには、寝る時間を決めて布団に入ったらスマホなどは使用しないように注意しましょう。

【スポンサーリンク】

二度寝をしてしまう原因について

上記の通り、睡眠時間が短くなるとどうしても二度寝をしてしまう原因になります。

そのため、夜更かしをするのは控えて、決まった時間には布団に入ることで生活リズムが整い、自然と眠れるようになるので二度寝防止になります。

また、普段のストレスによって、眠りが浅くなり、身体の疲れが残ってしまうので睡眠時間に注意していても、朝二度寝してしまう原因に繋がります。

ストレスは、二度寝の原因以外にも身体に良くありませんので、自分に合った方法でストレスを解消するようにしましょう。

そうすることで、乱れた生活リズムも自然と整い、健康にも効果が高くなります。

しかし、朝起きるタイミングが原因で、二度寝してしまうこともあります。

睡眠には、ノンレム睡眠という深い睡眠とレム睡眠という浅い睡眠が交互に起こります。

ノンレム睡眠のタイミングで起きると、起きるのが辛くなり、つい二度寝してしまう原因となります。

二度寝を防止するために、レム睡眠のタイミングで起きるのが1番良いでしょう。

二度寝防止は健康効果がある?

二度寝は、身体に悪いということを知らない人も多いですが、10分程度の二度寝であれば、リラックス効果を得ることができます。

また、朝の決まった時間に起きることで体内時計をリセットすることができますが、二度寝をしてしまうと体内リズムが乱れてしまいます。

そのため、二度寝した次の日の朝は起きるのが辛くなり、また二度寝してしまう可能性が高くなります。

二度寝を防止することで、生活リズムが整って辛い朝も楽に起きられるようになる効果があるのです。

生活習慣の改善にも繋がるので、健康にも効果があり、免疫機能の低下を防ぎ、新陳代謝向上にも効果を期待することができます。

しかし、二度寝にはリラックス効果があり、眠りにつくと分泌されるコルチゾールによって、二度寝が気持ち良く感じるのです。

どうしても休みの日に二度寝をしたい場合は、リラックス効果のある10分程度にしましょう。

【スポンサーリンク】

10分以上二度寝してしまうと、リラックス効果ではなく、身体にだるさが残ってしまいますので注意が必要です。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *