イライラしない方法で仕事や子育て向上に!食べ物で解決できた!

pose_iraira_matsu

仕事や子育てでイライラしない方法なんて無い!と思っている方も多いのではないでしょうか…。

しかも、食べ物で解決なんて、ヤケ喰いやドカ喰いをしろと言われているようだ…。と思う方もいらっしゃるかもしれません。

でも、仕事や子育てでイライラしない方法が、日頃から、口にしている食べ物で解決できるなら、うれしいですよね。

そんな皆さんに、イライラしない方法で仕事や子育て向上は、食べ物で解決できる!ということについて、解説していきたいと思います。

【スポンサードリンク】

イライラする原因

自分は仕事をしないで偉そうに仕事を丸投げしてくる上司にイライラ…。

ゴマをすって出世していく同僚にイライラ…。

仕事が出来ない部下や同僚にイライラ…。

夜泣きする我が子にイライラ…。

家事や育児を手伝わない旦那にイライラ…。

2歳くらいになり、自我が出てきた魔の歳児にイライラ…。

などなど、原因はいろいろありますが、こうしてイライラの原因を書き出してみるのも、イライラ解消につながると思います。

【スポンサードリンク】

イライラを解消してくれる食べ物

イライラを解消してくれる食べ物は【カルシウム】が有名ですね。

【スポンサードリンク】

カルシウムが多い食べ物としては、

干しエビ、煮干し、桜えび、ひじき、えんどう豆、チーズ、ゴマ、しらす、海藻類、ベーキングパウダーなどが挙げられます。

また、イライラしているときは、交感神経が高ぶっている状態なので、リラックスする副交感神経を優位にする食べ物を摂取すると良いでしょう。

食物繊維が多い、豆類、穀類、キノコ類、海藻類、ごぼうやカボチャなど。

そして、すっぱい物も副交感神経を優位にします。お酢、梅干、レモンなど。

交感神経が高ぶって、イライラしていると、スイーツを食べたくなったり、お酒を飲みたくなりますが、これらも副交感神経を優位にしてくれますが、食べすぎ・飲みすぎに注意してください。

逆に、イライラしたとき食べてはいけない物

イライラしたときに食べてはいけない物はズバリ、【トランス脂肪酸】が多く含まれている食べ物です。

トランス脂肪酸が多く含まれている食べ物として、

・食品添加物の欄に『ショートニング(植物油)』と表記されているスナック菓子、ファストフードなど。

・マーガリン(植物性油脂)やクリームを使ったパンやケーキなどの洋菓子

・インスタント食品、冷凍食品

などが挙げられます。ご注意ください。

最後に、ひとくちメモ。

【スポンサードリンク】

リラックスのために、コーヒーを飲む方もいらっしゃると思いますが、カフェインの摂り過ぎは、イライラを増長させますので、ご注意を。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ