筋肉痛を治すには?運動後のマッサージは原因に効く?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 37 秒です。

building_massage

激しい運動など、久しぶりに身体などを動かすと筋肉痛になってしまいますよね。

そういった場合、運動後のマッサージもせずに筋肉痛をそのままにしていたりしませんか?

歳を重ねるたびに筋肉痛などは長引いてしまい早く治したいものです。

筋肉痛になってしまう原因は日頃あんまり運動をしていなっかたり、激しい運動を行うことによってなってしまいます。

運動後のマッサージは、原因によって効き目が変わってくるのかなども気になりますよね。

マッサージをしても緩和されないなど、筋肉痛を治す方法をご紹介します。

運動後にマッサージをしても効かない方、治す方法が分からない方は、筋肉痛を治す参考にしてみてはいかがでしょうか。

【スポンサーリンク】

筋肉痛を治すには?

筋肉痛など長引いてしまうと、動くものしんどくなってしまいます。

よって、運動後などはしっかりとケアをしてあげることを心がけましょう。

・ストレッチ

運動前にもストレッチなどをして筋肉をほぐしてあげますが、運動後のストレッチも効果的です。

ストレッチをすることで、血行が良くなり筋肉に溜まっていた乳酸がながれるので筋肉痛になったとしても軽い筋肉痛になるくらいに変わってきます。

運動後にストレッチをする際は、ゆっくりやることが大切です。

面倒くさいからと雑に終わらすことで逆に筋肉を傷めてしまいますので気をつけましょう。

・マッサージ

筋肉痛を和らげるといえば、やはりマッサージのイメージが強いですが間違った揉みほぐし方などをしていては、筋肉痛は治りません。

運動後などは筋肉が緊張をしているため、伸ばしてあげることが必要ですが、痛いところを強く押したり揉みほぐすことはやめましょう。

運動後のお風呂は、疲れがとれますが運動後すぐに入るのは避けましょう。

入る前にマッサージやストレッチを行うことで、よりお風呂での血行促進などの効果がでてきます。

【スポンサーリンク】

筋肉痛の原因によってマッサージの効き目は変わる?

筋肉痛になってからのマッサージや運動後にするマッサージでマッサージの効き目や気をつけておくべきことがあります。

・運動後のマッサージ

運動後にマッサージを行うことは、上記でも述べていますが運動をして緊張している筋肉をほぐし血行促進させる効果があります。

ストレッチなどと一緒にしてあげることで、より効果を期待することができます。

・筋肉痛のときのマッサージ

筋肉痛になってからのマッサージでは、強く押し揉むことはしてはいけません。

筋肉痛が症状としてでているときには、白血球の細胞が傷ついてしまった筋肉の修復を行っています。

そのようなときに強く揉んだりすると筋肉を傷めてしまいます。

ですので、このような場合には力を込めずに優しくマッサージすることで回復するペースを早めてあげましょう。

筋肉痛の時に気をつけておくべきこと

上記でも言ってきましたが、筋肉痛になってからのマッサージの仕方には気をつけて行って下さい。

筋肉痛が治ってないのに無理な運動や筋トレなどをすることは避け、治ってから行うのがベストです。

筋トレなどは、継続しないといけないというイメージがありますが、筋肉を休めてあげることも大切です。

【スポンサーリンク】

運動後の身体のケアに対する知識を身に付け、楽しく運動を行いましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *