口の中をよく噛む人!痛いその癖の治し方を教えてほしい!

virus_oetsu

普段の生活において、何気なく口の中を噛んでしまうことによって痛い思いをされた方は多いかと思います。

口の中を噛むことによって、粘膜が傷つき、口内炎の原因になってしまうことも少なくありません。

口の中を噛むと痛いだけではなく、傷がひどいと血が出てその味がして、気持ち悪い思いをすることもありますよね。

なぜ噛むつもりがないのに、そのようなことが起こるのでしょうか?

頻繁に噛んでしまう人は、もしかすると癖のようになり、慢性化しているかもしれません。

このようなことに心当たりがある人は、その癖を改善してくれる最適な治し方が存在します。

噛む癖によって口内炎ができる習慣まで付いてしまうと、食事するのが辛くなり、栄養不足になってしまうので治す必要性があります。

最適な治し方を知っておくことで、早く治療することができるので是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

口を噛む癖の原因は4つ!

その口を噛む癖には主に4つの原因があります。

・疲労によるエネルギー不足

普段より疲れていると、口や舌の動作が遅れ、それによってよく口の中を噛んでしまいます。

よって「口の中をよく噛む=疲れが蓄積している」と考えてもよいでしょう。

・精神的なストレス

ストレスが溜まると、爪を噛んだり、瞬きが多くなったりしますが、そのような癖と同様に、口を多く噛んでしまう癖がついてしまう方も少なくありません。

・頬の皮膚が老化する

皮膚がたるむと、見た目だけでなく、内側もたるんでいる証拠なので、口の中の粘膜を噛む回数も自然に増えてしまいます。

【スポンサードリンク】

・歯並び、噛みあわせが悪い

歯医者で虫歯を治療したり、差し歯や被せものを付けたりすると、普段の噛みあわせとは異なり、歯並びまで変わってきてしまうので、口の中を噛んでしまうようになります。

【スポンサードリンク】

口を噛む癖の治し方

口を多く噛む癖は、疲労によってなる場合が多いため、ビタミンの多い食材を取り入れることが大切です。

ビタミンはストレスなどによっても消化されやすくなるので、ビタミン全般を日頃の食事に取り入れるようにしましょう。

さらに歯を丁寧に磨き、口の中をうがいなどで消毒して口内をきれいにしておくことも噛む回数を減らすことができます。

しかし噛む癖の主な原因となっているのは、やはり疲労によるものなので、いつもより睡眠時間を増やし、体と心をリラックスさせましょう。



口の中を噛まないようにするために、気を付けること

噛む癖がなくても、人間誰でも口内の粘膜や舌を噛んでしまうことがあります。

それを予防するためには、以下のようなことを心がけておくことが必要です。

・急いで食事しない (よく噛む!)

・変わった姿勢で話さない

・寝る時間がばらばらにならないような習慣付けをする

・栄養の偏った食事はNG

パソコンやスマホを使いすぎない

・シャワーだけではなく、お風呂に日頃から浸かる

近年は若者がスマホやパソコンに中毒のようになっているので、それが睡眠不足に繋がり、体を疲れさせてしまいます。

日常において上記のことを心がけることで、確実に口の中を噛む回数は減るので、是非試してみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役にたてれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ