爪が割れる時の対処法が知りたい!原因と処置方法を徹底解析!

body_foot_side

特に女性は爪を伸ばしている場合が多いため、爪が割れたりかけたりすることがよく起こります。

爪が割れると地味に痛いですし、ひどい場合は血が出たりすることも少なくありません。

絆創膏を割れた箇所に張ることで、痛みが和らぎますが、通気性が低くて蒸れやすいので、他の適切な対処法を知っておくことが大切です。

爪が割れる原因はさまざまですが、割れやすい爪になり、それ自体が原因となって誘発している可能性も少なくはありません。

そのような悪い爪質は何が原因となり、どのように処置すれば良いのでしょうか。

爪が頻繁に割れると、そこからバイ菌が入って感染症を伴う場合もあるので、日頃から爪のケアをして爪質を良くしておくことが大切です。

よってここでは、爪が割れたときの対処法と爪質が悪くなる原因とケアの仕方も紹介するので、是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】

爪が割れてしまった!そんなときの対処法

爪の白い部分である爪半月が割れた場合は、爪切りで割れた箇所を切り離しておくことが重要です。

爪がそこだけ短くなるのが嫌などの理由で、放置しておくと、それによって他の場所を傷つけたりすることがあるので、それはやめて下さい。

しかし根元により近いところが割れた場合は以下のような対処が必要です。

1. 消毒して爪を清潔にする

2. 乾いたのをよく確認してから、トップコートや接着剤を使って固定する。

3. そこにティッシュやガーゼを挟んで覆う

しかし血が出ている場合は、接着剤はダメなので絆創膏で応急処置するのもいいですが、蒸れないように長時間貼っておかないようにしましょう。

【スポンサードリンク】

マニキュアやジェルネイルなどをしている方は、ネイルサロンでも綺麗に治してくれるので、それもおすすめできます。

【スポンサードリンク】

割れやすい爪になる原因は?

爪はその人の体調を読み取ることができるといっても過言ではない程、顕著に爪に表れます。

よって原因はこれらのことが考えられます。

・栄養不足

栄養価が偏った食事や、過度のダイエットで爪が二枚爪になるなど、爪自体がもろくなってしまいます。

そして加齢によっても栄養価がどうしても不足しがちになるため、爪に影響してしまうことも確かです。

・精神的なストレス

ストレスによって体が疲れるのと同時に、爪に疲れが出るので、割れやすい爪になります。

・貧血

貧血気味の方は、血液内の栄養素が上手く体の中で循環しづらいので、爪が割やすくなります。

・水虫

水虫がひどくなると、爪が黄色くなったり、異常に水分を無くしたりして、割れたり、崩れやすくなります。



爪質を良くして、割れるを予防しよう!

爪質が悪いと、見た目も悪いので女性はネイルして隠すことにより、爪がよりもろくなってしまうといった悪循環が起こりやすいのでそれは厳禁です。

日常的に爪をオイルやクリームなどで保湿すると、見た目ももちろんですが、爪自体も丈夫になっていくのでおすすめです。

しかし爪水虫などは、保湿だけでは治らないので、皮膚科で薬を処方してもらうようにしましょう。

そして、栄養価の高い食事をとり、爪に充分な栄養を送れるようにすると必ず割れにくい爪に生まれ変わります。

【スポンサードリンク】

上記で述べたことを参考にして、実践してみてはいかがでしょうか。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ