居眠り運転を防止するには?原因や罰則まで教えます!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 48 秒です。

車の運転をしていると眠くなってきてしまうことはないでしょうか?

居眠り運転は、大きな事故に繋がる原因であり、罰則や罰金もあります。

また、居眠り運転の罰則は、1度で免許取り消しになるという罰則もあるので注意しておきましょう。

しかし、運転中の眠気を防止する方法が分からない人もいるかと思います。

そんな、運転中の居眠り運転を防止する方法があり、一人ひとりが注意することで居眠り運転による事故を防止していくことができます。

なぜ居眠り運転をしてしまうのか、原因、罰則、防止方法まで詳しく説明していきますので、是非参考にしてみて下さい。

【スポンサーリンク】

居眠り運転を防止する方法とは?

居眠り運転による事故を減らすためにも、居眠り運転を防止する方法を紹介します。

・十分な睡眠

旅行などで長距離運転するときの前日は、十分な睡眠を摂るようにして居眠り運転の防止をしましょう。

寝不足なまま長距離運転をすると、どうしても身体の疲れが残ったままになり、眠くなってしまい、居眠り運転の原因に繋がります。

・仮眠

運転中に眠気を感じた際は、無理に運転を続けていると居眠り運転をしてしまう危険性が高まります。

そのため、眠気を感じたら、車を停車して休憩や仮眠を摂るようにすることで居眠り運転を防止できます。

しかし、眠り過ぎてしまうと、逆に眠気が摂れないこともあるので、注意しておきましょう。

・空気の換気

車内の空気がこもると、脳内に新鮮な酸素がいかず、眠気が起こる原因です。

よって、眠気を解消するためには、車内の空気の換気をして、深呼吸をしましょう。

そうすることで、体内に新鮮な空気を摂取することができ、眠気の防止になります。

【スポンサーリンク】

運転中に眠くなる原因とは?

寝不足によって、運転中に眠気が襲ってくることもありますが、その他にも居眠り運転に繋がる原因があります。

上記の通り、運転中の車内は、窓を閉めていると空気がこもり、二酸化炭素濃度が高くなることで眠気の原因となってしまいます。

そのため、居眠り運転を防止するためにも、車内の換気はこまめに行うのがさいてきです。

また、エアコンで車内温度を適度に保つことで、身体がリラックスしてしまい、眠くなる原因に繋がります。

居眠り運転を防止するためにも、車内の換気をこまめに行い、眠気を感じたときは無理せず休憩をとるようにしましょう。

居眠り運転の罰則とは?

皆さんは、居眠り運転をして捕まると、どのような罰則があるかご存知でしょうか?

何らかの原因で居眠り運転をしてしまい、捕まると労働運転と安全運転義務法によって違反点数が変わってきます。

労働運転と認められるのは、トラックの運転手などの仕事上の運転によるものです。

普通自動車の場合は、よほどのことがないと安全運転義務法となります。

労働運転による居眠り運転の違反点数は25点で、安全運転義務違反による居眠り運転は2点です。

また、3年以下の懲役、または50万円以下の罰金で、1度で免許取り消しになるという罰則もあります。

それほど、居眠り運転は危険で、事故の原因となるため、重い罰則となっています。

このように、居眠り運転は罰則があり、事故によって罰則もどんどん重いものになります。

【スポンサーリンク】

罰則を受けないようにするためにも、普段の運転中の眠気に注意して、安全運転を心掛けましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *