胃潰瘍の原因は?ストレスやタバコだけ?食事も注意すべき!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 33 秒です。

胃潰瘍の原因の多くは、ストレスやタバコによるものです。

ですがお酒をよく摂取する中高年男性も胃潰瘍になりやすいと言われています。

そのため、職場や日常でのストレスによって、胃潰瘍になりお腹に痛みが起こることもあります。

さらにタバコやお酒を飲む人であれば、胃潰瘍を発症する確率はかなり上がります。

タバコやお酒などの刺激物は胃潰瘍の原因に大きく関係しているのです。

そのため、胃潰瘍の予防をするためにも普段の食事から注意しておくことが大切です。

そこで今回は胃潰瘍の原因について、ストレスやタバコ以外にも関係しているのか詳しく説明していきます。

【スポンサードリンク】

胃潰瘍になる原因はストレス以外にも?

胃潰瘍になる原因と聞くと、ストレスやタバコのイメージがあるかと思います。

今の時代では、職場で強いストレスを感じる人も多いでしょう。

ストレスによってお腹に痛みがあり、病院に行くと胃潰瘍だったということもあります。

そもそも胃潰瘍がどのような病気か知らない人もいますが、

胃潰瘍とは胃から分泌されるペプシンや胃酸によって、胃の粘膜などが溶ける病気のことです。

そのまま放置していると、胃に穴があくまで症状が進行し、大量の吐血をするなどの症状が起こります。

【スポンサードリンク】

そのため、胃潰瘍の原因となるストレスやタバコなどを控えるのが、予防に繋がります。

胃潰瘍の原因は飲酒もあり

しかし、胃潰瘍になる原因は、ストレスやタバコの以外にも上記で述べたように飲酒によっても引き起こることがあります。

お酒のアルコールは胃に入ると、胃の粘膜を刺激するため、さらに胃を痛める原因となります。

逆にタバコの場合は、ニコチンによって血行が悪くなります。

血流が減少することで胃の粘膜が荒れてしまうので、やはり胃潰瘍中のタバコはNGです。

なので日頃からタバコを控えることで胃潰瘍の発症リスクを下げておきましょう。

【スポンサードリンク】

食事にも注意が必要?

ストレスやタバコなどが原因で、胃潰瘍になった場合には消化に良い食事をバランス良く食べることで胃潰瘍の治り具合も早くなります。

そのため、胃潰瘍の治療が終わった後でも食事には注意が必要と言われているのです。

食事のときに注意しておくことは

消化に良い食事、食事の時間、ゆっくり食べるのがポイントになります。

この3つの食事での注意点は必ず守るようにしましょう。

消化に悪いものは、胃へ負担をかけてしまうため、胃潰瘍の症状が悪化する原因になります。

なので暴飲暴食は厳禁です。

また、食事の時間というのは、1日決まった時間に3食きちんと食べるということです。

体内リズムを整えることで空腹時に胃酸が分泌されるのを防ぐことができるようになります。

よって、胃潰瘍になってしまったときには、早く治すためにも、食事は消化に良いものを選び、腹八分目までにしておきましょう。

このように胃潰瘍は、普段タバコやお酒を飲む人には、身近な病気とも言えます。

タバコを辞めるだけでも胃潰瘍の発症率が約16%も低下すると言われているのです。

健康が気になる人は控えるようにすると良いでしょう。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *