空腹から胃痛はどう対処する?吐き気が続く場合は?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 27 秒です。

haraita_woman

空腹のまま何も食べずにいると、胃痛でお腹が痛いと思うことはよくありますよね。

空腹からの胃痛で吐き気などの症状も出ることもありますが、そういったときの対処法などは知らない人が多くそのまま放っておくことがほとんどです。

胃痛や吐き気が続くこともあり、外出先でおこった場合困りますが対処法を知っておけば突然のことにも対応することができます。

よってなぜ空腹時に胃痛が起こり、吐き気などが続くのかなどの原因も細かく説明して行きます。

さらに空腹時以外にも胃痛の起こる原因として、自律神経の乱れなども影響してきます。

このように精神的なストレスなども胃痛には関わってくるため、日頃から気をつけておきましょう。

【スポンサーリンク】

空腹からの胃痛の対処法

空腹のまま食事をとる時間を確保できず放っておくことにより胃に負担をかけ胃痛などの腹痛が起こります。

ですから、毎日決まった時間に食事をとるようにしましょう。

どうしても仕事などで食事時間がバラバラになってしまう人は、牛乳を飲んで胃酸の分泌を抑え胃痛を和らげることがおすすめです。

またお腹いっぱいになるまで食べておくよりも、腹8分目など少なめにし、軽く間食などを入れてあげることがおすすめです。

お腹が満腹になるほど食べてしまうことも胃に負担をかけてしまうので気をつけておきましょう。

牛乳を飲む際は、ホットミルクにすることでより効果的になり牛乳の代わりに紅茶などを飲むことでも効果は期待できます。

傷ついてしまった胃壁を修復するためには、ビタミンA,Cが重要になってきます。

この成分は野菜で摂れるので、食事のときに大根やキャベツを食べることを意識しておきましょう。

【スポンサーリンク】

吐き気が続く場合

空腹のときは塩酸、ヘプシンという消化するための胃酸が多く分泌され、胃を傷つけてしまいます。

よって、胃痛や吐き気といった症状がでてきてしまいます。

吐き気などが続く場合には胃潰瘍や十二指腸潰瘍になっている可能性もあります。
胃、腸などが炎症を起こし、潰瘍ができていると空腹のときに吐き気を伴うことがあります。

胃潰瘍や十二指腸潰瘍は、日頃のストレスや喫煙、お酒なども影響をうけ原因となってしまいます。

ひどい吐き気が続く場合、このような病気になっていることもすくなくありません。

身体に異変を感じたときは、病院に行きちゃんとした検査をしてもらいましょう。

注意しておくこと

上記のも述べている通りに食べ過ぎや、お酒などの飲み過ぎは胃を傷つけてしまいます。

規則正しい生活をし、バランスの良い食事を決まった時間に摂ることを心がけることが基本です。

そして胃痛や吐き気などが起こった場合には、牛乳が胃酸を抑えてくれる効果があり症状を和らげてくれるので日頃悩んでいる人は、試してみてはいかがでしょうか。

食事の際には、急いで食べるよりも30分ほどかけてゆっくりと時間をかけて食べましょう。

味付けの濃いものや揚げものなどの消化に悪ものも食べ過ぎは避けることをオススメします。

【スポンサーリンク】

このように食生活を改善することで胃痛や吐き気を抑えることができますので、日々の食生活を見直してみましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *