食後の眠気は運動すれば平気なの?原因から解消までを解明!

sick_narcolepsy

日常から食後は眠気が襲ってきますよね。

しかも昼ごはんを食べた時が眠気を引き起こす事があると思いますが、体を動かすなど運動をして、原因不明の眠気を解消している方は多いでしょう。

そこで食後の眠気を引き起こす原因と、眠くなるのを防ぐのにも役立つ運動以外の食後の眠気を予防、解消する方法を紹介します。

日常で出来るので参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】

食後の眠気はメカニズム

そもそもですが人間は一日の中で2回は眠くなるようです。

午後の早い時間と夜の2回に何もしなくても、人間のカラダは2回眠くなるようにできているので、昼食を食べた後は、満腹感も得て眠くなるのは当たり前なんです。

そしてご飯を食べて眠くなる原因として、人間のメカニズムが大きな影響になっているようです。

まず生体リズムの関係から、基本的に午後2時~4時には眠気のピークが来ます。

そして耐え切れないくらい眠いというあの眠さは昼食後だけです。

これはなぜかというと、人間の睡眠レベルが12時間周期だからです。

それから体が自然なリズムを刻んだ結果、午後に眠くなるという結果になるわけです。

また大脳を休ませようとするシステムが備わっていることが眠気に関係しているということもあるそうです。

次に眠気には人間のホルモンの関係もあります。

お腹がふくれると、満腹ホルモンと言われるレプチンが分泌されます。

そしてレプチンが眠気を誘っているのです。

また内臓系からの疲れも影響してくるようです。

【スポンサードリンク】

食事に伴って眠くなるということは、やはり消化管でエネルギーを通常より使いすぎている可能性があります。

この使いすぎにより消化管は疲れを起こします。

つまり、消化管が弱っているために、通常の消化・吸収という作業でもしんどいという感じになります。

それからエネルギーを使いすぎているために、エネルギーを貯蓄する必要があるため、睡眠という方向になるのです。

だから食後に眠くなることに繋がります。

そして人間の脳が眠気を引き起こす原因でもあるようです。

成人の場合、一日あたり500~600kcalものエネルギーを消費します。

そのエネルギーはほとんどが糖質でまかなわれています。

飢餓状態になればタンパク質を分解して得たエネルギーを使うそうですが、通常は糖質がメインです。

体が健康であれば、脳は支障なく糖をエネルギーとして利用できますが、低血糖状態になるとそうはいきません。

脳が十分に糖を利用できなくなり、エネルギーが不足します。

そのために、脳が命令を出して眠気がくるようです。

【スポンサードリンク】

食後の眠気を予防するには

まずは食事の食べ方、摂り方に注意することです。

消化のよいものを腹八分目にしておき、糖分や脂肪分は摂りすぎないようにしましょう。

そして甘いジュースやお菓子類は血糖値を急激に上昇させてしまいます。

果物に含まれる果糖は血糖値の上昇はゆるやかです。

食後のデザートは甘いケーキよりも果物にしましょう。

それから短時間の昼寝をするのがいいでしょう。

人間の体のリズムとしてランチを食べた後には眠くなるというのは仕方ないものです。

そのため、少しでも昼寝をすると頭もスッキリして眠気は覚めるようです。

【スポンサードリンク】

10~15分程度でいいので、ランチ後は昼寝をするのが良いですね。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ