歯周病予防基本編!液体やガムなど一番の対策はどれ?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 39 秒です。

歯周病は、症状に気付かず、症状が進んでから気付くことも少なくありません。

また、歯周病は症状が進むと歯がぐらぐらします。

そこから発熱が発生しますので、綺麗な歯を維持するためにも日頃から歯周病予防を行うのがおすすめです。

日本人のほとんどが発症している言われる歯周病は、歯が抜ける恐れもあるため、自宅で液体やガムなどを使用してケアしている人も多いかと思います。

液体やガムで予防するのも大切ですが、歯周病予防では歯磨きが基本となりますので、歯磨きもきちんと行いましょう。

そんな正しい歯周病予防方法を知らない人も多いので、歯周病予防には液体が良いのか、ガムは効果があるのか詳しく解説していきます。

【スポンサーリンク】

歯周病予防は液体がおすすめ?

歯周病予防効果もある液体と言えば、マウスウォッシュなどがあります。

毎日の歯磨きにマウスウォッシュなどの液体でケアをプラスすることで、より歯周病予防効果が高まります。

しかし、歯磨きを疎かにし、液体だけのケアでは歯周病予防効果がありません。

歯磨きとプラスで液体を使用するのがおすすめです。

さらにマウスウォッシュなどの液体には、歯周病の他に虫歯予防にも役立ちます。

ただし、液体での歯周病の予防は、あくまでも予防です。

既に歯周病になっている人は、歯医者での治療が必要となります。

【スポンサーリンク】

ガムは歯周病の対策になる?

ガムは歯周病の予防に役立つの?と言う意見をたまに見かけることがあります。

しかし、ガムだけで歯周病を予防することはできません。

歯磨きや液体での口内ケアをきちんとした上でガムを使用する。

という条件であれば、有効だと言われています。

ガムなどの歯周病対策は、日々の生活の中で行う必要があります。

歯周病予防効果のあるガムは、手軽に購入することができ、続けやすいのでおすすめの対処法でもあります。

ガムが歯周病予防に効果があるのは何故?

なぜ、ガムに歯周病予防効果があるのかというと、

ガムを噛むことによって、唾液が多く分泌されます。

ガムを噛んで唾液が増えると、口臭や口内炎を抑えることができ、口の中を健康に保つことができるのです。

そのため、歯磨きや液体でのケアをした後にガムを噛むことで、歯周病予防効果がより高まります。

【スポンサーリンク】

歯周病は早めに歯医者へ!

歯周病は、症状が進むと歯が抜けるケースもあるため、早めの対処が重要です。

毎日歯磨きを行い、液体やガムで予防することも大切です。

ですが発症してから予防しても意味がありません。

そのため、歯周病の症状がある場合には、

痛みが起こる前に歯医者で早めの治療を受けることがおすすめです。

歯周病予防には歯ブラシも大事

液体やガムでの予防の他には、自分に合った歯ブラシを選ぶこともポイントとなります。

今使用している歯ブラシでは痛いと感じる場合には柔らかいタイプのものを選ぶようにすると良いでしょう。

歯周病になったときには、毛先の細い歯ブラシを使用することがベストです。

このように、歯周病は毎日のケアで予防することができます。

歯周病が心配…という人は、上記で紹介したように液体やガムを習慣に取り入れ、予防効果を高めると良いでしょう。

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *