頻尿の原因はストレスだけ?病院治療の可能性もアリ?

toilet_hinnyou

尿が近く、トイレに行く回数が多いなどの症状を頻尿といい、この頻尿には種類があることをご存知でしょうか。

身体に原因は無いのに、ストレスなどの心の問題で頻尿になってしまうケースの頻尿を心因性頻尿といいます。

頻尿になった場合、病院での治療はその人の頻尿の原因によって治療法は変わってきます

改善するためには症状が膀胱炎からくるものの場合は、膀胱炎が治ることで頻尿の症状が落ち着いてきますし、精神的なものの場合は悩みやストレスが解消することで良くなってきますので改善には時間がかかってしまうこともあります

頻尿は放っておけば治ると思っている人もいますが、放っておくと症状が悪化し身体もだるくなってきますので、ある程度の知識を身に付けておきましょう。

【スポンサードリンク】

頻尿になってしまう原因

頻尿は1日8回以上トイレに行っていると頻尿であり、夜寝ている間にもトイレに行きたくなり夜に2回以上トイレに行くことを夜間頻尿といいます

このような頻尿になってしまう原因は、症状によって原因が変わってきますので頻尿になったことがある人などは原因をチェックしてみて下さい。

●頻尿

通常の頻尿になってしまう原因として、膀胱炎や前立腺肥大により尿道が圧迫されるなどが原因となっていることが多く見られます。

●心因性頻尿

頻尿になってしまう人の中には、心因性頻尿といって日頃のストレスや自立神経の乱れが原因となっている人もおり、精神的なものから頻尿になってしまうと改善するのも時間がかかってしまいます。

【スポンサードリンク】

●神経性頻尿

神経性頻尿は糖尿病などの神経障害から、膀胱神経が障害を受け頻尿になってしまうことです。

このように頻尿になってしまう原因は、人によって異なってきますので、自分の症状に合った治療を受けるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

頻尿で病院に行く基準

頻尿になりそのままにしておくと症状が悪化し1時間おかずにトイレに行くようにもなります

そうなると生活にも支障がでてきますので、頻尿になった場合は早めの病院への受診が重要です

・残尿感

頻尿になり残尿感を感じると、ずっと尿が残っているような感覚が残り不快感があることが続くことがあります。

・失禁

尿失禁は膀胱や尿道の機能が低下し、自分の意思関係なく尿が出てしまうことをいいます。

このように症状がひどくなると残尿感やトイレに行く回数が増え外に出ることも辛く思うようになってしまいます。

病院ではどんな治療を行うのか?

今では頻尿は病院で簡単に症状を抑えることができますので、女性でも恥ずかしがらずに泌尿器科などに受診をしましょう。

また受診する際には直前までトイレは我慢し、問診などの検査を受け頻尿の原因によって頻尿の直し方の説明を受けることができます。

膀胱炎が原因の場合には、処方された抗生剤を服用することで菌を除去することで治すことができます。

その他にも抗コリン薬を、過活動性膀胱などの膀胱が収縮することで頻尿が起こってしまっているときに使用し、頻尿の治療薬として多くの人に処方されている薬です。

【スポンサードリンク】

これまで説明をしてきた通りに、頻尿にはストレスだけではなくさまざまな原因がありますので、頻尿になったら早めに病院に行き自分にあった薬などを処方してもらい改善していきましょう。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

適切な数字を入力して下さい。 *

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ