ヤドカリの飼い方紹介!水やエサは何を選ぶべき?

海に生息しているヤドカリの飼い方とは?と思う人も多いですよね。

ヤドカリの飼い方では、水を清潔に保つことが大切ですので、毎日新しい水に交換してあげることが大切です。

間違った飼い方をしていると死んでしまうこともあるため、ヤドカリを長生きさせるためにも、正しい飼い方を身に付けておきましょう。

また、ヤドカリには脱皮時期もあるため、注意点もいくつかあります。

始めてヤドカリを飼う人は、エサは何を用意すれば良いのかも分からず困ることがあるかと思います。

そこで今回は、ヤドカリの飼い方について、水やエサについて詳しく解説していきますので、ヤドカリを飼おうと思っている人は長生きできるように大切に飼育してあげましょう。

【スポンサードリンク】

ヤドカリの飼い方が知りたい!

夏に海に海水浴に行くと砂の中にヤドカリを見付けたことがある人も多いかと思います。

ヤドカリは海老などの仲間で、自宅で飼う人もいます。

しかし、初めてヤドカリを飼う人は飼い方が分からず困ることもありますので、ヤドカリの飼い方について説明していきます。

ヤドカリの飼い方①水槽の準備

ヤドカリの飼い方では、まずヤドカリのサイズに合わせて適切なサイズの水槽を用意するのが飼い方のポイントになります。

また、ヤドカリは社会動物ですので、1匹だけで飼うのではなく、少なくても2匹飼うようにしましょう。

水槽の中も温度に注意し、新鮮な空気が入るようにすることがヤドカリの飼い方では大切になります。

ヤドカリの飼い方②水槽の温度と湿度

水の温度は25~35℃がベストで、湿度は75~85%になるように注意しておきましょう。

【スポンサードリンク】

相対湿度が70%を下回ってくると、ヤドカリは窒息してしまい、徐所に弱って死んでしまいます。

そのため、ヤドカリの飼い方では温度や湿度に十分な注意をしておきましょう。

ヤドカリの飼い方③ヤドカリのエサ

飼い方の中でも悩むのがエサですが、ヤドカリは雑食種なので基本的に何でも食べます。

ヤドカリによっては、エサの好みも違いますので、ずっと同じエサをあげていると食べなくなることもありますので、ヤドカリがエサを食べなくなってしまったら違うエサを用意してあげると良いでしょう。

【スポンサードリンク】

ヤドカリの水やエサの注意点!

ここまで紹介したことまでに、プラスで注意点があります。

ヤドカリの水槽に水道水はダメ!

ヤドカリを水槽で飼うためには、水が必要となりますが、水道水を使用するのは辞めましょう。

水道水に含まれる重金属類によって、ヤドカリは体調不良を起こす原因に繋がります。

どうしても水道水を使用する場合には、熱帯魚にも使用する調節剤を混ぜ、中和しましょう。

水道水以外であれば、海水や人工海水を使用するのがおすすめです。

塩水にすることで、ヤドカリの脱皮が失敗しにくくなる効果がありますので、真水と海水の両方を用意しておくのもおすすめです。

ヤドカリのエサは栄養も大事!

ヤドカリに与えるエサは、上記でも述べたように雑食なので何でも食べますが、パンや果物、ポップコーンを食べます。

同じものをあげ続けるのではなく、栄養のバランスも考え、エサにも注意して上げるのがベストです。

このようにヤドカリの飼い方では、エサや水などに少し注意が必要となります。

間違った飼い方をしていると、ヤドカリが弱り死んでしまうこともあるため、正しい飼い方で大切に育ててあげるようにしましょう。

【スポンサードリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役にたてれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

適切な数字を入力して下さい。 *

サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ