冷房の電気代の節約がすごい!つけっぱなしで半額以下?

kaden_airconditioner

年々気温があがってきて体温より暑い日がある今日この頃。

暑い夏がやって来ると冷房が欠かせません、朝から冷房にスイッチを入れます。

24時間つけっぱなしの時もあります、その時は電気代の事は気にもしないのですが請求書が届いて使用料金を見るとあっと驚くことが何度かありました。

暑い時期の冷房は必需品ですが、つけっぱなしだと電気代が高くなるので節約の為に暑くても冷房をつけないで我慢したりするのですが、やっぱり我慢できなくて冷房のスイッチを入れます、そして冷えたらスイッチを切る、しかしそれは逆効果という事が解りました。

 夏の暑い時期は冷房が主体ですから他の電化製品の使用を控えるとか様々な工夫を試行錯誤されていると思います。

扇風機を窓際に置いて外の空気を中に入れると涼しい時もありますが極度に暑いと扇風機の風もまったく涼しくありません。

そこで冷房の電気代を節約する裏技を調べてきました。

【スポンサードリンク】

冷房の電気代を節約する裏技!

電気代を節約するのに冷房のスイッチをオンオフしても電気代は節約できません。

暑くなった部屋を冷やすのにエアコンは設定温度までフル稼働します、この時に一番電気代がかかるのです。

そこでスイッチをオフにするとせっかく冷えた部屋が温かくなってきてまたエアコンのイッチをオンにするとまたエアコンが設定温度までフル稼働することになります。

また、弱運転もよくありません設定温度まで部屋を冷やすのに時間が長くかかるからです。

これでは電気代を節約する事はできません。

じゃどうしたらいいのか?それは自動運転でつけっぱなしにするのが電気代を節約する一番の方法です。

 なぜ自動運転がいいのかと言うと、今のエアコンは設定温度に素早く達したら弱運転に切り替わり冷えすぎると送風運転に切り替わりを繰り返して電気代を節約してくれるのです。

【スポンサードリンク】
【スポンサードリンク】

冷房をつけっぱなしでも電気代が半額以下!

つけっぱなしと言っても24時間ずっとつけっぱなしと言う訳ではありません。

外出する時は勿論エアコンのスイッチはオフにしますがスーパーへ買い物に行って帰ってくる30分ぐらいの時間はつけっぱなしでいいです。

 設定温度を普段より1℃あげる事で電気代の節約になります。

調べてみましたら、設定温度を25℃~26℃に上げると約10%(約700円)の節約になるのだそうです。

クーラー病の予防に寝る時はエアコンをオフにしたほうがいいです。

設定温度とは言っても24時間も身体を冷やすと自律神経を乱してクーラー病になる恐れがありますので寝る時はオフにするのが健康の為にも電気代の節約の為にもいいと思います。

古いエアコンは今のエアコンのような働きをしないので新しいエアコンに買い替えたほうが電気代は安くなります。

エアコンから出る冷たい空気は重いですから下がってくるので天井のほうはあまり冷えないのです。

立っているとあまり冷えてないのかなと思ってしまうことがあると思います。

エアコンの吹き出し口は下に向けないで真っ直ぐに向けるのがベストです。

それでも暑いと感じる場合は、扇風機かサーキュレーターを天井に向けて風を循環させましょう。

 エアコンのフィルターや室外機のフィンの掃除をする事も電気代の節約に繋がります。

最後に外出から戻って来て冷房のスイッチをオンしたら窓を開けてしばらくしてから窓を閉めるといいでしょう。

暑い部屋の空気を外へ出す為に循環させるのです。

まとめ!

★エアコンは、つけっぱなしにする。

★エアコンは自動運転にする。

★エアコンの設定温度は普段よりも1℃上げる。

★夜寝る時はエアコンをオフにする。

★古いエアコンは新しいエアコンに買い替える。

★吹き出し口を下に向けないで真っ直ぐに向ける。

★エアコンのフィルターや室外機のファンを掃除する。

★外出から戻って来たら窓を開ける。

【スポンサードリンク】

これで電気代は半額以下に!

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆
サブコンテンツ

【スポンサードリンク】

このページの先頭へ