わきが手術は保険適用されるの?再発や費用も気になる!


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 9 秒です。

わきがの臭いに悩んで、様々な対策を試したりと頭を悩ませている方は意外と多いようです。

汗取りパットや、制汗剤などで対策していても外出すればできるだけ汗をかかないように気をつけたり、わきがの臭いがしてないかなと心配したり大変ですよね。

わきがの手術に興味はあるけど、「保険は適用されるの?」「費用はどれくらい?」「再発はしないの?」など様々な疑問があるのではないでしょうか。

そこで、気になるわきがの手術について、再発はしないのか、かかる費用や保険が適用されるのかなど詳しく調べてみました。

【スポンサーリンク】

わきがの手術は保険が適用されるの?費用はどれくらい?

わきがの手術の方法は、一般的にわきの皮膚を切開してわきがの原因となるアポクリン腺を除去する方法です。

そこで気になるのは「わきがの手術に保険が適用されるのか?」「費用はどれくらいなのか?」ということではないでしょうか。

保険が適応されるかされないかで、費用は大きく変わってきます。

結果から言えば保険は適用されますが、そのためには一定の基準をクリアしていることが条件となります。

費用は保険が適用されなければ25万円前後、適用されれば5万円前後になりますので大きな違いですよね。

【スポンサーリンク】

わきがの手術の保険適応基準とは?再発した場合の手術費用にも適用されるの?

まず初めに、わきがの手術に保険が適応される条件を見ていきましょう。

・医師が症状を見てわきがの手術が必要だと判断すること

医師がわきがの程度を判断する方法は実際のわきがの臭いの強さになります。

基本的にはわきにガーゼなどをはさみ、その臭いでわきがなのかを医師が判断することになります。

【スポンサーリンク】

・保険が適応されると認められたわきがの手術方法であること。

保険適用となるわきがの手術方法はほとんどが剪除法です。

わきがの原因となるアポクリン腺を取り除く手術になります。

・保険診療が可能な病院であること。

保険診療は一切行っていない美容外科などでは、保険適用でわきがの手術はできませんので費用は自身で負担することになります。

また、わきがは美容に関連していると考える医師は保険適用を認めてくれないこともあります。

つまりはわきがの度合いは同じでも診察する医師によって保険が適用されるかされないかが変わるので負担する費用も変わってきます。

このように、わきがの一定の基準をクリアしていればわきがの手術は保険が適応されるので負担する費用は5万円前後になります。

そこでもう一つ心配なのが、せっかくわきがの手術をしたのに再発した場合は再び手術する時には保険が適応されるかということではないでしょうか。

一度の費用でも大変なのに二度目の手術の費用まで準備するのは大きな出費ですよね。

もちろん、医師がわきがの再発と判断すれば保険が適応された費用ですみます。

では、わきがの再発のリスクはどれくらいあるのか見てみましょう。

わきがの保険適応手術を受けた後の再発はどの程度起こる?

保険が適応されるわきがの手術で主に行われる剪除法は、保険適応外の手術に比べて再発のリスクは少ないといわれています。

しかし、100%完治するというわけではないので少なからずわきがが再発することは考えられます。

その原因は、アポクリン汗腺が再生する可能性があるので再発することが考えられます。

特に10代の成長期に剪除法で取り除いたとしても、その後の成長段階で再生し、わきがの臭いが再発することが考えられます。

他にも、1度目の手術でアポクリン汗腺を取り除き切れていなかったという例もあるんです。

できる限り、わきがの再発を防ぐためには成長期での手術は避けて経験豊富な信頼できる医師を探すことですね!

費用のことも考えて医師に相談してみましょう。

【スポンサーリンク】

以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *