痛風の原因とは!食べ物や酒にストレスも影響してた?


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 33 秒です。

痛風

皆さんは、痛風を発症する原因をご存知でしょうか?

痛風の原因と言えば、食べ物が大きく関係していると思いますが、お酒やストレスによって痛風が起こることもあります。

お酒にはプリン体が含まれており、痛風の原因になる尿酸が生成される原因になります。

そのため、痛風対策をするためには、食べ物やお酒、ストレスに注意しておきましょう。

多くの食べ物の中には、プリン体が少ない食べ物もありますので、痛風の予防をするためにも知っておくことがおすすめです。

そこで今回は、痛風の原因について詳しく説明していきます。

【スポンサーリンク】

痛風の原因は食べ物以外にも?

上記で述べたように、痛風の原因となるのは食べ物以外にも、お酒やストレスが原因となることもあります。

毎日お酒を飲むことの多い人であれば、痛風になるリスクも高くなり、ビールでもプリン体オフのものを見かけることが多くなりました。

しかし、プリン体オフのお酒で有れば大丈夫ということでもなく、痛風を予防するためには、その他の原因にも対策する必要があります。

日頃から偏った食事をしていると肥満になり、痛風の原因に繋がるため、食べ物にも注意が必要です。

食べ物やお酒の暴飲暴食が続くと、血液中に尿酸が溶けなくなり、結晶化して関節に溜まっていきます。

【スポンサーリンク】

そのため、痛風を予防するためにも、食べ物の他にお酒の量や生活習慣の改善をすると良いでしょう。

痛風の原因にストレスも?

ストレスが痛風に関係するの?と疑問に思いますが、痛風を治すときにもストレス対策は重要なポイントになります。

ストレスが溜まると尿酸が多く作られ、痛風になる可能性があります。

精神的ストレスが多くなると、身体が緊張状態になり、知らないうちに身体に力が入っているのです。

よって、尿酸が多く生成され、痛風になるケースも少なくありません。

食べ物のバランスを考えてお酒も飲まないのに痛風になったという人は、ストレスが関係していることがほとんどです。

ストレスは、尿酸が作られやすくなる他にも、尿酸の排出が悪くなりますので、ストレスを溜めこまないように自分に合ったストレスが発散できるようにしておきましょう。

また、血流を良くするためにも、ストレッチなどで身体を軽く動かすのも大切です。

【スポンサーリンク】

痛風を予防するためには?

これまで説明してきたように、食べ物、お酒、ストレスの3つに注意して、痛風の原因となる尿酸の生成を抑えるのがベストです。

睡眠不足もストレスが溜める原因となりますので、十分な睡眠を摂り、自分のリラックスできる時間を作ることも大切になります。

また、お風呂ではゆっくり湯船に浸かることで、身体の血流が良くなり、体内の尿酸を排出しやすくなるのでおすすめです。

運動をするのも良いのですが、激しい運動は逆に尿酸を増やす原因となるため、運動の種類にも注意しておくようにしましょう。

痛風を発症すると、関節に激しい痛みが起こりますので、早く治すためにも、食事や生活習慣を見直して改善していくのが基本です。

【スポンサーリンク】

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *