書き初めの言葉と四字熟語|筆の選び方は太さで決めるのか?


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 8 秒です。

書き初めと言えば、もう小学生や中学生の頃から全くやってないという方もたくさんいらっしゃるかもしれないですね。

なんとなく、子どもの学校の宿題というイメージが強い書き初めですが、実は書き初めにはとっても良い効果があるんです。

そんな書き初めですが、書き初めの時に書く言葉や四字熟語と言えばどんな言葉が思いつきますか?

文字や書き方の良し悪しだけでなく、筆の太さの違いでも印象が全く違ってきます。

ここではそんな書き初めについてご紹介します。

書き初めで是非書きたい言葉や四字熟語と言えば?

書き初めには自らの心の中にある目標が大事にしている言葉を書くことによって、よりその目標等が実現しやすくなったり達成しやすくなったりすると言われています。

とはいえ、書き初めなわけですから、数十文字もあるような長い言葉を書くわけにもいきませんので、書き初めとして書ける言葉や四字熟語を選んで書くことになりますよね。

ここで問題になってくるのが、書き初めでどんな言葉や四字熟語を選べば良いのか、ということです。

大事にしている言葉や座右の銘が書き初めで書けるくらいちょうど良い文字数の言葉だったり四字熟語だったりすれば良いんだとは思いますが、なかなかそううまくはいきません。

というわけで、いくつか候補をあげてみました。

とはいえ、書き初めで書ける言葉や四字熟語の候補を片っ端から上げだしたらとんでもない数になってしまいますので、書き初めの際によく使われたり選ばれたりしている言葉や四字熟語を厳選しました。

是非お気に入りの言葉や四字熟語を見つけて書いてみて下さいね。

まず、書き初めでよく選ばれる言葉で、きっと小学生の頃等に書いた記憶がある人も多いのではないかと思いますが、

定番である「挑戦」という言葉。

挑戦には、困難なことや新しいことに立ち向かうという意味があり、まさに書き初めに相応しいというか、これから心機一転、まさに決意を表す言葉として好まれる言葉ですね。

似たような意味の言葉で言えば、「飛翔」。

こちらも空へ羽ばたくという意味から、新しいことに立ち向かうような意味合いで好まれる言葉で、書き初めの際に好まれやすい言葉ですすね。

書き初めで少し大人っぽさを出したいということであればこの言葉。「嘉祥」。

この言葉はおめでたいことや幸運を表らす言葉なので、書いといて損は無いですし、大人っぽさも出ていますよね。

次に四字熟語ですが、こちらもやはり決意を表現するような四字熟語が人気です。

例えば、「初心貫徹」。初めに決めたことを貫き通すという意味で、諦めないという強い決意の表れですね。

決意の表れ以外でも好まれる四字熟語としては、「順風満帆」や「千客万来」等、物事が思い通りに進んだりしていることを表す言葉も人気の言葉です。

筆の太さで文字の良し悪しが決まる!理想の筆の太さとは?

書き初めと言えば、大事なのは何と言っても筆。筆には多くのサイズがあり、1号、2号と太さがいくつかに分かれていますが、問題なのは筆の種類によって同じ1号でも太さが全く違うということです。

まず、筆を選ぶ前に何の文字を書くかを決めましょう。文字数にもよりますが、大体4号くらいがオススメだと言われています。

大事なことは、太すぎず、細すぎず、ということです。

筆が太すぎると文字が入りきらなくなって全体的に窮屈になってしまいがちですし、かと言って、筆が細すぎるとどうしても書いた文字が貧弱に見えてしまいます。

書き初めなので気持ち的には太い筆で力強く書ければそれに越したことはありませんが、書く文字の画数によっては太い筆だと書き辛くなってしまうかもしれませんので、適度な太さの筆を選ぶようにしましょう!

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

【スポンサーリンク】

こちらの記事もいかがですか?

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *