秋刀魚の旬について|内臓の処理と美味い焼き方教えます!


この記事を読むのに必要な時間は約 4 分 39 秒です。

秋刀魚が旬の季節になりましたね。お店等でも旬の秋刀魚を見かけることが多くなりました。

旬である秋刀魚の内臓の上手な処理方法や美味しい焼き方をご存知ですか?

せっかく秋刀魚の旬な季節なわけですから、上手に焼いて旬の味覚を美味しく頂きましょう!

スポンサーリンク

秋刀魚の旬はいつでしょうか?実は秋だけじゃないんです。

秋刀魚の旬と言えば秋から冬にかけてと思っている方は多いと思いますが、その通り!

秋刀魚は10月前後が美味しい時期ですよね。

たしかにその時期が秋刀魚の旬であることは間違いありませんが、実は旬がその時期だというだけで、一年中食べれるんです。

これは、秋刀魚が旬である夏の終わり頃から秋の終わりにかけて海で獲れた大量の秋刀魚を冷凍しておいて売っているからです。

でも、やっぱり何と言っても秋刀魚の旬は秋。旬の時期に食べるのが一番です。

旬の時期にはたくさん食べて、秋の味覚を堪能しましょう!

秋刀魚の内臓が食べれないって思っていませんか?

秋刀魚を食べる時、内臓は食べれないって残している方とか、内臓の処理が面倒だから秋刀魚をあんまり買わない、という人がいるようですが、秋刀魚の内臓は実は栄養豊富なんです。

特に旬の時期はすごく身が大きいので栄養もさらに豊富。

そのため、秋刀魚を食べる時は内臓も含めてまるごと食べるのが理想です!

でも、秋刀魚の内臓って苦くてあんまり美味しく無いって思ってる方も多いかもしれないですね。

内臓も食べてしまうのが理想ですが、あまりに苦手なようなら、調理する前に内臓を取ってしまいましょう。

秋刀魚の内臓の取り方は実はすごく簡単です。

秋刀魚の背中側から、頭の付け根とお尻あたりに包丁で切れ目を入れて頭から引っ張るだけで内臓が簡単に取れてしまいます。

初めは慣れないと内臓がくずれてしまったり、内臓が全て取り除けなかったりするかもしれませんが、慣れれば大丈夫です。

何回か内臓を取ってみて練習しましょう。

秋刀魚は一年中食べれますが、旬の新鮮な時期の秋刀魚の方が内臓の苦みが少し少ないと感じる方もいるので、苦手な方は旬の時期を狙ってチャレンジしてみるのも良いでしょう。

秋刀魚の美味しい焼き方は?

秋刀魚の美味しい焼き方と言えば、みなさんはどんな焼き方を思い浮かべますか?

秋刀魚に限らず、焼き方は1つだけではありません!

でも、やっぱり秋刀魚と言えば、塩焼きが一番美味しいこと間違いなしでず。

というわけで、秋刀魚の美味しい塩焼きの方法をお伝えします。

実は、焼き方の前に、まずは新鮮旬の秋刀魚を手に入れることが重要です

新鮮な旬の秋刀魚は焼き方や味付けの良し悪しの前に、すごく脂が乗っているのでそれだけで美味しいんです。

まずはそのために旬の時期を狙って新鮮な秋刀魚を手に入れましょう。

新鮮な秋刀魚を手に入れたら、まずは塩での味付けの方法が重要です。

塩を少し高い位置から秋刀魚全体に振りかけて、秋刀魚全体にあまり力を入れずに柔らかい手つきで塩を揉みこんでください。

さて、肝心の美味しい焼き方についてですが、フライパンで焼くことも出来ますし、魚焼きグリルでも焼けますし、もっと言ってしまえば炭火焼という手もあります。

炭火焼が一番美味しいことは間違いありませんが、炭や七輪等も準備するのも大変ですので、魚焼きグリルで美味しく出来る焼き方をご紹介します。

実は、秋刀魚の焼き方は全く難しくありません。

焼き方で大事なことは2点のみ!中火にすることと、あらかじめ魚焼きグリルを温めておくことです。

焼き方で疎かにしてしまいがちなのが2点目の、あらかじめ魚焼きグリルを温めておくということ。

つい忘れてしまいがちですが、焼き方としてすごく重要なことであることをしっかり頭に入れておきましょう。

あとは秋刀魚の表面にこんがり焼け目が付くまで焼けば良いだけです。

旬の季節に美味しい秋刀魚で栄養補給!

とにかく秋刀魚は美味しいだけではなく栄養豊富なので、旬の時期には特に狙ってたくさん食べるようにしましょう!

お肉ばっかり食べていたり、外食が多くて胃が付かれている方にもおすすめです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
以上の情報がお役に立てれば幸いです。

スポンサーリンク
data-ad-format="rectangle">

こちらの記事もいかがですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *