鯨ベーコンの食べ方!作り方と栄養も知っておきたい!


この記事を読むのに必要な時間は約 3 分 23 秒です。

food_kujirabacon_
みなさんは鯨ベーコンをご存じですか?

鯨ベーコンは、自宅でも簡単にできる作り方がある上に栄養価が高く、その食べ方もアレンジによってさまざまな味が楽しめます。

鯨は寿命が50年から100年ととても長く、死ぬまで生殖し続けるため、栄養価の高さは食べ物全体の中でもトップクラスに入ります。

よってこれから鯨ベーコンの食べ方と作り方、そしてその気になる栄養価とカロリー等を詳しくご紹介していくので、興味のある方は是非参考にしてみてはいかがでしょうか。

鯨ベーコンを自宅で作るのが面倒だという方は、市販のものもあるため、それを活用して健康体を手に入れましょう!

【スポンサーリンク】

鯨ベーコンの驚くべき健康パワー

鯨ベーコンの鯨はみなさんのご存じの通り体長がとても大きく、地球上の生物の中でも1位、2位を争う大きさです。

しかし、鯨の体の全てのパーツにおいて栄養分が含まれているため、他の魚のように処分する場所はひとつもありません。

そして何よりの鯨の魅力は、筋肉に含まれているアミノ酸となるバレニンの効果が私たち人間にとって素晴らしいものばかりだというポイントです。

例えば、

メタボ、内臓脂肪対策

・活性酸素を減らす

・疲労回復効果

・美容効果(肌の再生能力アップ)

など、鯨ベーコンは私たちにとって嬉しい効果が期待できます。

【スポンサーリンク】

よって、鯨ベーコンを食べると、より健康体に近付けるというワケなのです!

【スポンサーリンク】

鯨ベーコンの作り方

鯨ベーコンの作り方として、まず脂身が多く含まれている冷凍の鯨のお肉のうねす、塩、砂糖を用意します

そして2日から3日かけて冷蔵庫でうねすを解凍し、解凍後はうねすにべっとりと塩を馴染ませます。

そしてビニール袋を用意し、水、塩、砂糖を混ぜてその中にうねすを入れ、空気が入らないように封をします

これで、1週間程塩に漬けるのですが、毎日1回でいいのでビニールを振り、血抜きを行っておくことが大切です。

1週間これを続けた後は、沸騰させた鍋にうねすを入れ弱火で3時間程煮込みます。

目安としてはうねすが浮いてくるまで、弱火でコトコト煮込むのがポイントです

そして、うねすの皮を熱いうちに剥ぎ、底の深いお鍋かフライパンにスモークチップを入れて20分から25分程アルミホイルで蓋をして燻製をすれば完成。

しかし燻製後の熱いときにうねすを切ると、よれたり脂身が崩れたりするので、一旦荒熱を取るか、冷やしてから切ることをオススメします。

鯨ベーコンの食べ方

鯨ベーコンはお酒のおつまみなどとして、そのまま食べても美味しいですが、他にもさまざまなアレンジレシピが存在します。

例えば、

サラダのトッピングとして加えたり、ペペロンチーノのベーコンに使用したり、他にも、チャーハンやスープの具材にするなど、使い方もさまざまです。

このような鯨ベーコンのアレンジレシピはスマホでも検索すると、たくさん出てくるので興味のある方は是非チェックしてみて下さいね!

【スポンサーリンク】

鯨ベーコンは料理の幅も広がり、体にとって良い栄養素もたくさん含まれているためオススメです。

こちらの記事もいかがですか?

☆良かったらシェアお願いします☆

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

適切な数字を入力して下さい。 *